厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒い妄想

<<   作成日時 : 2015/09/08 19:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

司法試験考査委員の60代の大学教授が試験問題を漏えいした事件。ニュースを見たとき、妙に引っかかったことがあります。それは、「20代の女性の教え子」に漏らしたという記述。
そもそも誰に漏らしても大きなスキャンダルなわけですが、第一報からこの「20代女性教え子」というのがどうも印象に残ってしまって、ワタクシは素直にメディアの影響を受けやすいのだなぁと思いました。

試験問題漏えい事件の本質に教え子の性別も年齢も本来関係はありません。ことさら20代女性を強調する記事を読んだ人はこの教授と若い女性の教え子との間の特別な関係を勝手に想像するでしょう。少なくともワタクシはそういう想像をしました。意図したかどうかはわかりませんが、結果として事案の悪質性(低俗性)をことさら印象付けるような操作となっていると思います。まあそういう関係性があったほうがニュースとしては面白いというのはわかるんですけれど、第一報の段階からそれを強調すると、なんだか用意されていたかのような印象も持ちます。60代の教授と20代の女性が特別な関係にある場合、私はまず「ハニートラップ」という言葉を連想します。

意図的にそのような印象操作が行われるとしたら、その理由はなんでしょうか?ワタクシには教授が憲法学の割と重鎮の人だという点がひっかかります。憲法学者の権威を貶めると同時に、憲法学者への一種の「警告」となっているというのは、きっと妄想が過ぎるのだと思います。すみません。

結論は、どんな理由があっても、考査委員は試験問題を漏らしてはいけません、ということです。はい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒い妄想 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる