厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS Third Avenue Managementのファンド清算

<<   作成日時 : 2015/12/14 09:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZ5XQH6K50Y101.html
http://thirdave.com/wp-content/uploads/2015/12/FCF-Shareholder-Letter-12-2015.pdf

ブルームバーグによりますと、このサードアベニューマネジメントの運用するハイイールドファンドが、運用成績悪化による「秩序だった形での清算を可能とするため」顧客による「換金を停止」したそうです。

上記の会社側からのレターによれば、対象となるFCF(Focused Credit Fund=ハイイールドを投資対象としていると思われる)はまず、現金部分を今月16日に投資家に返却し、残りの証券部分についてはいったん(FCFが運営する)トラストに入れて換金出来次第定期的に返却していく、ということになります。トラスト部分の権利は投資家が(法律の執行による場合を除き)譲渡することは禁止となります。会社側は今回の決定の理由として「(流動性の低下と解約が続いたことなどにより)今後FCFが期待される十分な解約資金を、残りの投資家にとって不当に不利な価格で投げ売りすることなしに作ることが困難になった」としています。ただし、一方ではこの投資スキームは投資家にポジティブなリターンをもたらすはずだが、もし(解約が続いて今の状況で)強制的にポジションを閉じなければならないとしたら、フェアバリューのほんの一部しか回収できないことが懸念され、投資家間の利益相反の問題が出てくる、とも書いています。だから(予防的に)清算するのだと。(なお、不安をあおらないよう、他の同社のファンドには全く影響しないとも書いています。)

あくまでもこのレターからの推測ですが2009年にファンドは設定され、ここ18か月は「リストラ中の会社」の債券に投資して高収益を上げてきたようです。まあ流動性はないでしょうね。トラストからの分配も会社側はanticipateするだけで保障するわけではないし、そのタイミングも”as income is received and as assets are disposed at reasonable price” となっていて、要するに期限はない(1年以上はかかるとは書いています)。


やはりファンドの解約停止となるとどうしてもジジいの我々は「パリバショック」とか思い出してしまうわけです

但し、前回のパリバショックは、その時点から「サブプライム」がらみだった。つまりレバレッジを内包する証券化商品の構造と、もともといい加減な原資産のプライシングが、流動性の毀損と市場の価格発見機能の喪失に大いに寄与していたと思われます。しかし、あくまで想像ですが、今回はそれほどレバレッジのかかる案件ではないし、プライシングのほうも、もともといい加減なローンオリジネーションとは一線を画している、という点が少し違うのかな、と思います。

もう一つ、前回のパリバショックの時に解約が停止されたときの規模は16億ユーロぐらいのファンドで今回は7.8億ドルぐらい。円換算すると今回はまあ半分以下ではあります。とはいえ、こういうのはサイズにかかわらず波及効果みたいなもので様々なところに影響が出てしまう可能性があるので、こちらは要注意です。前回もパリバショックのあと本格的な大ショックに至るまで1年ちょっとありました。直後の市場の反応はせいぜいこの程度ですから。
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/9a4cabc4-464d-11dc-a3be-0000779fd2ac.html#axzz3uFWl8KbZ

NYの株価が暴落しているのもまあこういうことがあったからだと思いましたが、それにしてもFOMC直前という絶妙のタイミングでよくもまあこんな脂っこいネタが出てくるものだとアメリカの金融市場の奥深さに改めて感銘を覚える次第です。利上げできますかねぇ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Third Avenue Managementのファンド清算 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる