厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS バブルのピーク

<<   作成日時 : 2016/03/28 12:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

中央線の高尾駅近辺でマンションが売れているそうな。
始発、環境、そういった点が魅力だというのだけれど・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00000010-asahi-soci

ワタクシ事になるが、ワタクシが最初に家を買ったのはまさにバブルのピークであった。
当時都心に近いところは言うまでもなく途方もない土地に値段がついており、皇居の面積でカリフォルニア州が買えるといわれたのもそのころである。
で、結婚して子供もできて社宅暮らしもつらいなぁと思い始めたので、親からの一部資金援助の申し出もあり、物件を探した。田舎生まれのワタクシは土地付き一戸建てにこだわった。その結果探したのが・・・高尾、藤野(高尾の先)、猿橋、常磐線方面では牛久、高崎線方面では籠原とか基本的には「座ってこられる」ことを重視した。そういった土地は自然環境も豊かであり、子供の成育にはよさげにも思った。

その後実際にどうしたかは内緒だが、とにかくいえることは「資産価値」という点では全く期待してはならない、という点である。日本の人口は減っているので、中国人が引き続き買ってくれない限りどこかで需給には限界がくる。低金利やマイナス金利は大きなサポートだが、その背景となる政策やカネ余りが未来永劫続くわけではない。

また環境の点でも気を付けなければならないところがある。「田舎」はよほど覚悟しないと都会の人には住みづらい。第一に極めて閉鎖的である。道端でニコニコして挨拶している同じ人が裏で途方もない悪口を言いふらしていたりする。いじめもある。自然が豊かだから人の心が美しいというのは全く根拠がない。そして長く住んでいる間に自らがそれらを再生産する側に回る。田舎に住むということはそういうことである。自分が田舎生まれの田舎育ちであるし、先ほども書いたように家を買う時にいろいろ経験もしているからあながち誇張だと思わないでほしい。高尾のことはよく知らないし、もう昔物件を探してから20年以上もたつので今は大きく変わっているのかもしれない。ただ、ワタクシの持っているそういった地域へのイメージはそういうものである。

もっと言うと、ワタクシの印象では中央線はトラブルの多い路線である。とにかく混む。始発であってもマンションなどできようものなら並ばないと着席できないだろう。混みすぎるためか、車内トラブルも多いし痴漢も多い。立川ぐらいまでは確かにハイソな感じがする町も多いが、立川から向こうはちょっと違う世界だ。さらに立川からは中央線と青梅線が分岐しておりそれぞれ東京からの直通列車があるので、どちらかの支線で問題が生じたときほかの路線にまで影響が出る。つまり列車が止まりやすい。なによりも長時間通勤を長期にわたって続けると体を壊しやすい。

高尾のマンションが売れているという記事を見ると、その購入動機が私がバブル期に経験したものと同じだけに、個人的にはどうしてもバブルのピーク感が否めないのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バブルのピーク 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる