厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS タクシー業界(雑談モード)

<<   作成日時 : 2017/02/13 17:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


先ごろ東京都内でタクシーの初乗り運賃が410円に値下げされました。いろいろな思惑はありそうですが、これに伴って経験したある出来事についてお話ししたいと思います。

都内には公式にはタクシー乗り場ではないものの、タクシーが客待ちの行列を作っているところがいくつかあります。ワタクシの仕事場の近くにもそれはありまして、だいたいそこに行けば確実に乗れるという安心感があってよく使っています。
ところが、先日、夕方業務を終えて仕事関係の宴席に出かけようとしてタクシーを利用すべくその場所に行きましたら、先頭にいた個人タクシーが、我々のためにドアを開けてくれると思いきや、いきなり急発進してどこかへ姿を消してしまいました。まあ次の車が普通にドアを開けてくれたから別にいいのですが、その車に乗ってからも「あれはなんだったんだろう?我々をどうも拒否ったみたいだけれど、なぜなんだろう」とか考えていましたら、乗った車の運転手さんが「いやー、最近初乗りが値下がりしてますます稼ぎづらくなりましたよ。」という。若干微妙な話題なので、適当に相槌をうったら、運転手さん調子に乗ってどんどん語りかけてきます。
「前のタクシー、どっかへ行っちゃったでしょう?なぜかわかる?」
「いえ・・・」とワタクシ。
「お客さんたち、確実に乗りたかったら、乗る前に地図とか携帯とか見てたらダメだよ。乗る前に地図見てたでしょ?それはたとえばXX(近くの繁華街)に向かうのだけれど場所が良くわからないからとりあえずタクシーっていうお客さんだってことがモロばれだからさ。さっきの前の車の運転手は、あれみて『この客は超近距離』だと判断したんだよ。」
運転手さん更に続けます。
「大体あの場所になんでタクシーが並んでいるかわかる?あそこは都内でも割と長距離が出やすいところで有名なんだよ。そんなん狙っててさ、せっかく何十分か並んで初乗りとか食らったらたまったもんじゃないからね。そんなお客さんをとるぐらいなら、もう一回並びなおすってのがああいう運転手の行動になるんだよ。あ、別に俺はいいんだけどね。」
「はあ、すみません」なぜか謝るワタクシ。
「いや別にいいんだよ。仕事だから。でも、やっぱり初乗り運賃下がると、運転手もやっぱり自衛しなきゃならないからね。特に個人のタクシーはそうなんじゃないの?」

妙に納得してしまった一日でした。

それにしても、すでにタクシー業界は大きな変化の中に投げ込まれていますし、これからもさらに大きな変化がやってくることが予想されます。すでにUberなどの業者が台頭し、一部のタクシー会社も携帯アプリでの配車を実施している中で、流しのタクシーの数は減っておらずますます過当競争になりそうに思います。さらに今後そういったIT技術に自動運転技術が加わると、それこそ、アプリで呼べばそこらへんで空いている車が(自動的に)勝手にやってきてタクシーとして機能する、という未来が想像可能です。いまいろいろな業界の人材の受け皿となっているように思えるタクシーがどのように変化していくのか興味深いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タクシー業界(雑談モード) 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる