前回エントリーの補足

前回のエントリーについてdataminerさんからコメントをいただきました。ご自身のサイトで詳しくサブプライム問題について証券化の仕組みや法制度も交えて紹介していただいてます。ちょっと詳しすぎるぐらいなので素人には読みづらいかもしれませんが、私の知る限りこの問題の技術的な側面についてもっとも詳しくかつ正確に問題点を捉えていらっしゃると思います。ご興味がある方はぜひお読みください
dataminerさんからも指摘していただきましたが、サブプライム問題において所得の低さだけではなく、詐欺的ないし略奪的(predatory)融資慣行があったことが問題であります。この点は多くの人が指摘している点でもありますし、私もまったくそのとおりだろうと思います。情報の不対称性を悪用した金融業者による暴利行為でしょう。

したがって、この問題は経済原理ではなくすでに政治問題となっているのであって、だからこそ当事者が受け入れるかどうかを超えた政治的なイニシアチブが発揮されるべき局面でしょう。実際は技術的に困難であっても、とりあえずは時間を稼ぐためにそういう方向性を打ち出さざるを得ないのだと思います。ブッシュ大統領のプランなるものは、まあ大体予想された範囲でしたが、すくなくとも時間稼ぎにはなりました。命を永らえるための手術をする際に時間稼ぎも大きな要素です。少なくとも問題点の大きさを理解し始めたという点で評価はできると思います。難しいからといって放置することは選択肢としてはありえないのでしょう。

今回は利害関係者やSPV、SIVなどいろんな主体が複雑に絡み合ってしまっているので、時間がかかることは間違いありません。それでも、方向性を早めにきちんと示して、丁寧にほぐしていくしか最終的な解決には至らないでしょう。アメリカが再度バブルにでもなれば問題も雲散霧消するのでしょうが、このようなことがおきるのもある意味経済サイクルのひとつなのであって、なかなかそれは難しいでしょうね。それもあって政治の強いリーダーシップが求められます。LTCMの事例とは比較しづらいのですが、非常時にはアメリカですら奉加帳方式で問題解決に当たるという前例もあります。法律がすべてではないし、問題の大きさがわかっていればいるほど、当事者は協力的になるはずです。いい意味でのアメリカのクロニズムに期待したいと思っています。

直接投資をしていなかった部外者の市場参加者の立場としては、早い時期に解決への道筋が見えることが最大のメリットになります。それゆえ、私もどうしてもそういう方向でエントリーを上げてしまうのですが、その点多少バイアスがかかっていることはご了解ください。
以前替え歌にもしましたけれど、「夢物語」でもいいから未来を見させて辛抱強く対応してくれるリーダーがこういう時期には重要です。ぶちきれて投げ出したりしたら、大変なことになりそうですからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

dataminer
2007年09月01日 22:11
ブッシュのFHA改革法をした場合、あるいは債務者foreclosure差押担保権実行換金防止策を制定した場合の、投資家の損失リスクは、どうしようというのでしょうか。すべての責任は投資家に就けるということでしょうか。
それについて、追加記事を加えましたので、ご参考に。
2007年09月02日 21:40
dataminerさん、どうもです。まあ最初から完璧なプランニングは無理でしょうね。とりあえず今は出欠をとめて強心剤を打っているところで、病巣を取り除いて縫合するプランはこれから知恵を絞るのではないでしょうか。もちろん時間がかかりすぎると手遅れになりますけれど。
EURO SELLER
2007年09月03日 03:54
dataminerさんのURL,しっかりとBMさせていただきました。アメリカとは自国の経済的繁栄のためには,最後は超法規的処理でも何でもやる国だと認識しています。今回ババをつかまされたのが国外の投資家が多いとしたらなおさらです。
それにしても今回の件で,私は格付け会社への懲罰的処置と規制は必要だと思います。CDOのほうが格付けのためのフィーが高いなんて言語道断だと思います。
kazzt
2007年09月03日 13:43
投資家の保護か。次はグロソブ、ニセソブで騒ぎが起こるんでしょうか?
バリバリ儲けマックテルとこがありますから・・・
うまいことソフトランディングできるのが一番いいんですけど
dataminer
2007年09月03日 19:05
ご報告まで
9/1 16時以降、9/3 19時までにこちらから来訪されたのべ人数は、
9/1...70人
9/2...106人
9/3...134人
大変な数のファンをお持ちです。しかも読者が減る土日にもかからず、平日と変わりませんでした。

格付け会社再説に、コメントを入れさせていただきました。投資家の皆様方の参考になればとおもいます。

この記事へのトラックバック

  • キャッシングの知識 返済の種類2

    Excerpt: キャッシングの場合でよく見かけるのが「元金定額返済方式」 と呼ばれる返済方式です。「元利定額返済方式 」と名前が似ているのですが全く内容が異なります。元金が一定、つまり返済する一定の元金と借り入れし.. Weblog: 即日キャッシングなら即日キャッシングブログにお・か・ま・せ racked: 2007-09-20 00:15