どうでもいいことですがロイターさん

http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK002600120071010
一応リンク切れや修正の可能性があるので原文の一部をコピペさせていただきます。
(引用開始)
[東京 10日 ロイター] 明治安田生命は2007年度下期の一般勘定資産の運用計画で、外債投資の残高は800億円に据え置きとすること明らかにした。また、下期の外債償還370億円に関しては、ドル建て中心に再投資する方針。銀行の窓口販売を見直したことで、簿価ベースで600億円の増加資産を見込んでおり、従来通り円債を中心とした投資に充てる。全般的に株式など価格変動資産を圧縮する一方で、債券を中心とした安定収益資産の積み増しを進める。サブプライムローン(信用度の低い借りて向け住宅融資)問題の業績への影響はほとんどない、としている。
 明治安田生命の取締役・執行役副社長の高松泰治氏が、下期運用計画に関する説明会で明らかにした。
 <外国債券> 
 現状の残高水準800億円を維持する。下半期は償還分を再投資する方針で、下期の償還は370億円、年度では730億円の償還となる。通貨別ではドルが170億円、残りの200億円をユーロ、英ポンド、豪ドルに充てる。(以下略)
(引用終わり)
(太字は管理人)

明治安田生命さんといえば総資産26兆円程度の巨大生保さんですが、外債の残高800億円はどう見ても少なすぎるんではないでしょうかね?ってなことは通常金融メディアにかかわる人はインタビューなどする前に当然頭に入れて臨むべきことでしょうけれど、どうも最近ロイターさんのインタビューアーが素人っぽくなったというかなんというか。またたちの悪いことに英文バージョンもありこちらでは正しくこの800億というのは下期の純増計画であってそれを維持するというように出ていたわけで、どうかんがえても基本的なチェックミスです。
で、これが結構どうもいろいろな方が見て参考にされているという話を聞き、ちょっとまずいなぁと思ったのでした。

聞くところによると、こういうインタビューというのは日本語係りと英語係りの二人がいらっしゃるのだそうです。で二人で同じ事を聞いて違うことを書く・・・。メディアとしてはいかがなものかと(しかも片方が事実と違うことを書くわけで)。是非ご対処をお願いしたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うさこ
2007年10月11日 23:27
世の中トラップ多いですね。
疑ってばかりで、このご時世疲れます。。。
2007年10月12日 06:47
うさこさんどうもです。この場合トラップというかあまりにもなんというか。実は書きませんでしたけれど、他の会社のデータについてもあったのでちょっとなぁと・・
EURO SELLER
2007年10月14日 22:15
私も見つけたのでTBします。
2007年10月15日 08:17
EURO SELLERさんにもご共感いただいたようで恐縮です。

この記事へのトラックバック