つまらなくなった柔道

オリンピックで最近ブログどころではないというのはちょっと言い訳ですが。


日本選手の緒戦は男子60キロ以下で平岡選手が指導をとられて初戦敗退。女子の谷亮子選手も準決勝で反則警告で敗退した。この結果には頻繁に変わる柔道の細かな判定ルールが微妙に影響しているように思える。

ゴールデンスコア方式なるものが採用されたのは2003年のIJF理事会決定。オリンピックではその直後のアテネから採用された。ところが、従来のやり方だと両者とも組み合わなかったり消極的な状況が続いて、ゴールデンスコア(延長戦、で先に何でもいいからポイントを挙げたほうが勝ちとなる)にもつれ込むケースが激増した。これは大会運営上結構こまる。
そこで、北京オリンピックでは審判団の申し合わせ事項として、両者が消極的な状況とかで(かつてなら両者に反則を与えられていたケース)でどちらかに責任をかぶせて片方に積極的に反則を宣告するようにすることを決めたと言う。

平岡選手も最初から自分だけに指導が来た。見た目ではこれまでなら両方にきていたかも知れない状況であるが。谷選手は両者とも注意まで来た後、谷選手だけに警告が来た。審判が悪いのではなくそういうルールになったのだ。テレビの解説の山口香さんも言っていたが、反則ポイントはだんだんグレードアップするので、終盤間際に一人だけ警告を受けると、技ありをとられたのと同じになる。これを技で返そうとすると技あり以上をとらねばならなくなるから、かなり反撃は難しくなる。

攻めの柔道を目指したルール改正によって結果として反則で決まるケースが益々増えてしまうようで、なんだか皮肉な気がする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

名無之直人
2008年08月11日 09:18
お互い腰が引けて低姿勢でロクに技もかけあえないという状況をだけでなく、「恣意的で一方的な」反則被せで試合の勝敗を決していこうという姿勢は評価し難いですね。

柔道なんてたいした試合数無いんだから、一本をどちらか取るまでやらせればいいのに。(で引っかかりそうなテレビ放映はダイジェストでまとめるとか)
EURO SELLER
2008年08月12日 01:19
オリンピックには無差別級もないし,どんどん規制だらけのルールになって行きますね。無差別級を復活させてその試合だけは少なくとも時間制限無し,指導なしでやってもらいたいです。というより,どうもスキーの複合やジャンプのルール改正を思い出してしまいます。
いつも見てます
2008年08月12日 09:44
「柔道も国際化していく過程で変質を迫られた。」ということでしょう。各国、いろいろな思惑があるのでやむを得ないのではないでしょうか? 今回の野球の突然のルール変更もそうですが、「競技時間の短縮」と「ルールの透明性」がキーワードになっています。柔道の「反則勝ち」がいいとは言いませんが、昔のように勝負がつかなくて、延長、延長で最後は「3人の審判の合議制」で決するという不透明感よりはマシのような気もしますが… 「一本勝ち」は見ていて気持ちいいですが、欧米の柔道選手が良く使うプロレス技のような投げ技で「一本」と言われても、日本人としては何か釈然としません。嘉納治五郎が開発した「技」はいわば理念型であって、現代の国際柔道では通用しない、と考えたほうがいいのかもしれません。それが嫌なら「日本人だけでやってろ」という結末を受け入れるしかありません。
2008年08月12日 19:55
名無之直人さん、どうもです。戦わない姿勢についてはIJFのルールで原則として片方に指導を与えると書かれているようです。でも最近は明らかに時間を気にして終盤やゴールデンスコアの時に片方に反則がいくことが多いように感じます。

EURO SELLERさんどうもです。日本人に不利になったかどうかはちょっと微妙かもしれませんね。厳にこれで勝っている日本選手も多いですし。ただ、無差別級ぐらいそういうのがあってもいいかな、とも思います。

いつも見てますさん、どうもです。おっしゃるとおりであります。国際化の過程でルールがどんどん透明化してきてそれが競技人口を増やしていったという側面は忘れてはならないと思います。まさにJUDO。でもよく見ると外人選手でも黒帯の刺繍が日本語だったりして、結構そういうところは大事にしている人が多いようです。
かるパース
2008年08月14日 00:23
夏休み中だったので、ずっと見たましたが、おっしゃるように「一本とる」という本来の目的外れて、とりあえす攻撃してるように見せかけるということで、私はルールを遵守してますっていう感じで。
見ていて全然面白くネー。日本人選手の試合でも最後に組み手を慎重に取ろうとしてしていたのを、どこぞの柔道しらねー主審が、指導で負けましたね。
だったら試合するなという感じです。
でこれってどっかの業界の規制に似てません。
2008年08月25日 00:11
かるパースさん、どうもです。あとのエントリーにも書きましたが、やはり強い人はどういうルールになっても強いです。これもどこぞの業界に似ているような気が・・・

この記事へのトラックバック