金融工学

某ワタクシの知合いの方が会食の席で某ノーベル賞受賞者のえらい方(もちろん理系のほう)と隣り合わせになったそうです。で、その偉い方が「金融工学とはなんですか?」という質問をぶつけてこられたそうです。でワタクシの知合いの方はいろいろ最近の証券化商品の例とかサブプライムの事例とか引きながら説明をしたそうですが、最後に相手のえらい方が納得して

「それは我々の世界で言う工学とは違う。いわゆるWishful Thinking(希望的観測)の積み重ねに近いですね」

と(にこにこしながら)おっしゃったそうです。

いえ、最近では妙に印象に残るお話でしたものでちょっとメモ。

どらめもんさんところにも出てますが、いかにも理系っぽい白川総裁なども指摘されているように、きちんとした数理的基礎が出来ているように見えても、それが成立する前提とういうものがあり、それが成立しない世界ではそれに依存することは非常に危険です。それこそただの希望的観測で大量のポジションをレバレッジかけてやるということですからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

レバレッジ君
2008年09月06日 07:40
今読んでいるジョージソロスの本にも、おっしゃる様なことが書かれていました。

その前提というやつがクセモノなんですよね。
774
2008年09月06日 11:13
ロバート・マートンとマイロン・ショールズがノーベル経済学賞を受賞した頃の話ですが、
とある大学の数学科の若い教授(数値解析が専門)とちょっとお付き合いさせていただいていて、
ホットな話題のつもりで、
「そういえば、
以前先生に教えていただいた、
有限要素法のフリーソフトのサンプルに、
ブラックショールズ式の数値的解法が入ってましたね」って振ったら、
「ああいうものが役に立つんですかね」って、
(ちょっと不満気な感じで←私の見たところ)おっしゃってました。

理系の人には、
日本語の、
金融「工学」という言葉は違和感あるだろーなー。
かるパース
2008年09月07日 01:13
前回のエントリーにもカキコしましたが、経路依存性というなんというか、何とかシグマとか話題になってますが。やはり計測期間の十分な妥当性と実験環境での再現性がないと、いかに過去のデータのバックテストの結果導き出された「希望的観測」が其の域を出ないまま、かえって悪辣な人間に利用なれて意図も簡単にその「前提」が書き換えられてしまうのです。
自然科学ではこういった前提を事前に神のように知ってしまって、介入するような要素は存在しないのでね。
2008年09月08日 17:36
レバレッジ君さん、どうもです。現場感覚というやつはどこでもやはり重要です。
774さんコメントありがとうございます。ワタクシも昔ブラック博士存命のころ「ブラックショールズ式の陥穽」をブラック博士ご自身が語るというとってもブラックなセミナーに参加させていただいたことがあります。
かるパースさん、どうもです。ご趣旨に全面的に賛成です。再現性がないということは、前提条件を事由にいじれないということでもありましょう。まさにそれが人間の生活を扱う研究の限界でしょうし、市場を数式で扱う限界でしょうね。
kazzt
2008年09月11日 13:51
えーっと自然科学も究極的には説得の学問です。
科学者のアカデミーの中での説得の学問ですね。
このあたりは『99.9%は仮説』という本が良いと思います。
ただ、自然科学の実験は扱う変数を減らすことが可能なため、きっちりと数学の範囲に収まり、再現性の精度が高くなります。ただし、環境科学のように扱う変数が多く成ってしまえば、経済学と変わらずモデルという形でしか扱うことが出来ません。
環境問題も経済学と同じようにどうしてもイデオロギーの要素が高く成ってしまっています。
まあ、数学の限界や、人間知の限界に常に敏感でいながら、出来るだけ多くの要素を考慮しながら無限の再思考を誠実に続けることしか人間は出来ないのかもしれません。
2008年09月15日 10:23
kazztさん、どうもです。確かに理系もそうでしょうね。ただ、再現可能性が高いからその範囲内では異論が出なくなる。
そもそも限られた環境を作って理論を一つ一つ確かめていくと言う作業が経済学とか政治学には難しいのだろうと思います。その結果いつまでたっても同じ議論を延々とやっている・・・ということでしょうか。

この記事へのトラックバック

  • 金融工学

    Excerpt: http://ensaigaisai.at.webry.info/200809/article_4.html これまた、いつもROMさせていただいているブログなのだが、まさにタレブ(「まぐれ」「.. Weblog: mikeexpoのへっぽこ投資の日々 racked: 2008-09-06 19:50