かますの干物とかワインとか(思いっきり雑談の休日モード)

むかし房総のある場所でとてつもなくおいしい干物を旅館の朝食で食べさせてもらって以来、干物には相当思い入れがある。今日はたまたま閉店間際のスーパーを覗いていたら定価398円のカマスの干物(2尾入り)が130円で出ていたのでとりあえずゲット。焼いて食べたらやっぱり安くてもかますはかます。おいしかった。そういえば先日の飲み会で、かますの刺身なるものが登場したのだけれど、これもまた旨かった。ことしは結構かますの当たり年なのかもしれない。

グルメの方にはきっと怒られると思うけれど、こういう塩気があって脂っけの少ない魚の干物の場合(かます、かわはぎ、その他)ワタクシはマヨネーズで食べるのが好きだ。ビールが進むこと進むこと・・・
邪道ですからよい子の皆さんはまねしないでくださいね

さて酔った勢いで、久しぶりにちゃんと(つまりそれなりの値段で)買ったワインを自宅であけた。
以前アルゼンチンを旅行して以来、マルベックにはまっていて、なにせそのコストパフォーマンスの良さに目を剥いたのだけれど、だんだん知れ渡ってきたみたいで、日本で買うとそれなりの値段になってしまった。それでもたまにデパ地下などで1000円ぐらいのを売っているけれど、このぐらいのなら現地で300円で買えるぞ。

今回あけたのはPascual Toso のReserva 2007年である。
日本ではたぶんピーロート社が独占販売しているのではないだろうか。

何といっても口当たりがまろやかでベルベットの布地にくるまれたような心地よさがまず感じられる。その癖味はしっかりと主張していて、ワタシはアルゼンチンのマルベックよ、と上目遣いではにかみながらも目をそらさない女性と対峙しているかのようだ。ブドウの種類は違うけれど、ちょうど初めてオーパスワンを味見させてもらった時のような感動を味わった。
ブドウの香りがしっかりとしていて、ストレートな味覚で、フランスワインのような複雑さを求める向きにはちょっと単純すぎるかもしれないし、ひとによってはこんなジュースみたいなワイン飲めるかい!とか怒られるかもしれないが、ワタクシは結構はまっている。お料理は肉料理はもちろん、サラダとかにもあいそう。

このワインは(ワタクシの理解に間違いがなければ)80%をアメリカンオークの樽で、20%をフレンチオークの樽で1年寝かしてブレンドするという手の込んだことをしており、おそらくそれがまろやかさとふくよかさの源泉なのだろうと思う。

ちなみにこのワイン日本だと1本4000円近くするのだが、たぶん現地の3倍ぐらいとられている感じ(アメリカと比較しても2倍)。いくら輸入に手間がかかるし税金もあるからといっても、もう少し何とかなりませんかねぇピーロートさん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い 面白い
かわいい

この記事へのコメント

39歳無職
2009年10月04日 17:46
私はワインはまったくですが、ウイスキーは好きです。
輸入価格について触れられていたので、私もかねてからの疑問を一つ。
ちょっと前と比べて、ポンドはすごく安くなってるのに、何故にスコッチの値段は下がらない?
ドルはそこまでじゃないけど、バーボンも多少は下がって良い筈。
これはやはり独占販売の弊害?
しかし、平行輸入品みたいなもので下がりそうなもんですが・・・
2009年10月04日 20:58
干物にタプナードを付けると、赤ワインによく合いますよ。
2009年10月04日 21:28
39歳無職さん、どうもです。まあ為替レートを自動的に反映する仕組みにはなっていないようですね。消費者が文句を言い続けるとか・・・でも結局奢侈品は価格はいくらでも良いわけでして・・・

月さん、貴重な情報ありがとうございます。今度試してみたいと思います。
2009年10月05日 21:38
干物は、実は自作が一番おいしい可能性もありますよ。
スーパーででもいいから生きのいいの買ってきて、10%塩水に1時間くらい漬けて、洗濯靴下をぶら下げるのに尻尾に紐をかけてからぶら下げて以下略。
 晴れて風が吹いててカラスに襲われないという条件が必要かもしれませんけど。

それにしても、ビッグサイトにいろんなイベントで行く度にピーロートのブース見かけるのはどうかという気もしますな。国際ブックフェアくらいならいいですけど、コミケとかにもブース出してるのかな.......未成年いっぱいですが。
2009年10月14日 06:29
まるふうさんコメントならびに貴重な情報ありがとうございます。ピーロートさん商売熱心ですが、あの試飲ブースついはまってしまいます。

この記事へのトラックバック