ユーロ氏の肝臓病

「Liquidity」は改善しても「Solvency」は回復しない。最近欧州のソブリン債務についてよく言われることだ。EU,ECBやIMFが総力を挙げた救済策の発表により先週から相場はかなり落ち着いてはいるものの、それは問題国にとって債務の借り換えに何とかめどがついたと言うことでありあるいはそれらの債券を売りたい人がなんとかかんとか売れるということであり、あるいは資金繰りに困った銀行が何とかかんとか調達できているという流動性(Liquidity)が何とかなっていることでしかないのであって、中長期的にそれらの問題国がお金を返していけるかどうかすなわち支払い能力(Solvency)の問題がまったく片付いていないことに改めて気づかされる。そしてこの問題を顕在化させたくなければ、ECBが流動性を供給し続け国債の買取を続けなければならなくなっている。

人体にたとえれば、ECBは今回、飲みすぎた人の肝臓のような役割を果たすことになる。いまはふらふらしているけれど、肝臓がしっかり毒素(周辺国債券)を吸収しアセトアルデヒドと水(ECBクレジット)に分解してくれる。見た目はとりあえずそれでOKで、しばらくしたらまた普通に働けるかもしれない。ついでに点滴(流動性)を大量に入れて、体液の流れを良くし分解を早めているから、見た目(株価など)は元気になるかもしれない。

しかし本来肝臓の処理能力には限界がある。長年多量に飲み続けていればいずれ肝硬変などの重病にかかり、死にいたる病となる。今の状況は、たまたま急性アルコール中毒で運ばれてようやくみんながユーロ氏の飲みすぎに気づいたような感じだ。そして周りの人々が「飲みすぎたユーロ氏」を指差して、「どうもあの人大酒のみでやばいらしいわよ」と噂し始め、職場の評価も落ちてしまった。ちょっと前までは現社長のアメリカさんに代わって次期社長との呼び声もあったのに、「あの体じゃもう無理ね。早く引退してくれないかしら」みたいないわれ方で閑職に飛ばされそうな、そんな感じなのだ。職を失うかもしれないと知れ渡ったら最後、金を貸していた人たちがうぁーっとよってきてむしりとってしまう、そんな危険がある。

治療としてまずはアルコール(財政赤字)を抜かなければならないのはもちろんだが、急に抜くと禁断症状で大暴れしかねないから、徐々に抜いていく。つまり当面はアルコールを飲み続けることになり、肝臓への負担は慢性的なものとなる。禁断症状を出さずにアルコールを減らし続ける緩やかな治療過程で、肝臓がいつまで持つか、という勝負になってくるのだろう。

当面ユーロ氏の顔色が土色になってしまうのは、まあ致し方ないところだろうと思う。でも本当に医者の言いつけを守れるのかどうか、みんな見ている。きっとそのうち「断酒の誓い」とかやるんだろうけれど、それが守れないこともみんな見通してしまっているところが結構痛い。結局慢性肝臓病という重いものを背負うユーロ氏が完全な健康体になるには時間がかかるはずだ。まあ当面体は動くようだから、顔いろなどまじまじと見ないで一緒に働いてなかよくやっていれば、そのうちみんな持病のことなど忘れてくれるかもしれない。実はそれが一番平和だったりする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

348ts
2010年05月14日 19:46
さしずめ日本は・・・
若かりし頃、酒などぜんぜん飲まない真面目を絵に描いたような青年で、会社の出世頭だったのに・・・、
出世競争に負け、だんだんとうだつが上がらないようになり、
いまや飲まずには働けない、酒におぼれた中年サラリーマンですね。

しかも、意外にもアルコールに非常に強い体質で、いくらでも飲める!という状況に陥っている。

肝硬変ぐらいですめばいいのですが、実は完全なアル中で、断酒する気力もなく、もう肝臓癌を患うんじゃないかと噂され・・・。

一部に「癌なんかアルコールで消毒してやる」と強がる人もいるようですが、何時解雇(経済破綻)されてもおかしくない状況かと・・・。
karu
2010年05月15日 20:55
確かに小生含め酒飲みは、急性アルコール中毒で生死の境を見た人以外は、少し肝臓に関する数値が、悪くても「γGTPが結構高くてさー」といいながら居酒屋でそれを話題に飲んでます。
まー確かに財政問題はそれに似てますね。ある日突然放漫おやじが酒飲んでいてぶっ倒れるみたいな。
でも日本は大丈夫ですよ。肝臓がでかいし、今のところ処理する酵素が今のところはあるし、欧州君の悪い飲み友達と違って、親しいジアの友達はみんな健康だから。結論良い人たちと付き合って悪化する前に生活改善しましょう。
40歳無職
2010年05月16日 07:22
アルコールと肝臓の関係かあ・・・
上手い例えですねえ・・・
すとんと腹に落ちました(^^)
2010年05月17日 06:07
348tsさんどうもです。日本はまだ肝臓にあたる日銀が痛めつけられてはいないのでその意味においては余裕があるでしょう。ECBはどんどん「肥大」してしまう可能性がありますので、必要性と歯止めのさじ加減が非常に困難になってきています。
karuさんどうもです。生活改善は病気の症状が出てからでは遅いのですよね(笑)。
40歳無職さんどうもです。まあたとえとしては本当はちょっとずれているかもしれないのですがなんとなくさまざまな毒(周辺国債券)を吸収してECBクレジットに変える作用ってそれなりにすごいなあと。
348ts
2010年05月17日 14:30
厭債害債さん
そうでしたね。
肝臓=日銀はなんとか健全性を保っていますね。
日本の最後の砦ですから、白川総裁には何とかがんばっていただきたいと思っています。
しかし、日銀の国債直接買い入れをすべきなどというイカレタ発言をする金融大臣が現れた現在、今度の情勢は危ういですね。
karu
2010年05月18日 23:21
ありがとうございます。これって、ある日突然地方債がなんも保障もないということに気がついて、財政再建団体みやいな、Oさか市債とかがだれも持たないようになったしますことと一緒ですかね。なんか政府保証債がいいか、財投債がいいかみたい議論があったのでが、ギリシャは債券も発行したこととないような、H街道の一地方自治体なので、いいかなみたい甘さがあったような。しかしこれが、エスパイアに行くとリアルマドリードが何で金持ちなのかよくわかりませんが、これがいわゆるアングララテン経済の強さでしょうか。
お染
2010年05月21日 19:07
今回は欧州ですが、各国が財政健全化に走ると世の中のお金が減るので、結局デフレ不況→財政出動→一層の財政赤字 になると思います。世界全体で生産(供給)余力が拡大しているのに、お金を減らしてみんなで何を我慢するのか、私にはよくわかりません。
2010年05月24日 05:14
348tsさんどうもです。いずれはそれでも国債買い入れなどに踏み込んでしまうのでしょうか?日本人はまじめだからそうなる前にきちんと身を清めるのでしょうか?なかなかわかりませんね。

karuさんどうもです。一応今の日本では地方自治体に対する制度的上の安全弁があると理解できます。ユーロには全くこれがなかった。ただ、これもいつまで続けられるのか?ということなんでしょうね。

お染さんどうもです。おっしゃる通り、今回の流れではデフレですね。ただ、財政赤字そのものが問題となっているので、対GDP比の赤字そのものをむやみに増やすことができない。本当の問題点は成長率なので、そちらを増やすことが本当の解決なのですが、もはや金融緩和による成長刺激も限界にきている。需要があるのは途上国だけ。個人的には先進国経済がかなり「いっぱいいっぱい」の状態になってしまったのだと思いますから、お金をばらまくことは解決にはつながらないと思います。極めて悲観的ですが、大きな需要を再び生み出すものは何らかの意味での「破壊」しか残っていないのではないかと思うことがあります。

この記事へのトラックバック

  • 「ユーロ氏の肝臓病」について

    Excerpt: 「ユーロ氏の肝臓病」に 厭債害債さんの書かれている「ユーロ氏の肝臓病」というのはうまいたとえだと思います。 Weblog: 労働、社会問題 racked: 2010-05-14 21:18
  • にんにく玉本舗のにんにく卵黄、肝臓強化で二日酔いに

    Excerpt: 生活の乱れ・女性特有のストレスから疲労がたまり朝起きるのが辛いあなた。にんにく玉本舗は純にんにく卵黄100%使用している3年連続 モンドセレクション金賞受賞のにんにく卵黄です。 Weblog: にんにく玉本舗のにんにく卵黄、肝臓強化で二日酔いに racked: 2010-10-30 21:00