欧州の危機

先週は夏休みを取ってフランスに行ってきました。本当は米国のデットシーリングの問題とか雇用統計とかいろいろある時期で微妙なのですが、結論ははじめからわかっていたので、まあどうでもいいや、ということでフランス行きを強行しました。旅行記はまた改めてアップしたいと思っています(え?だれも読みたくない?あっそー・・・でもブログは日記だからかってにアップしちゃうもんね・・・)

今回はシャンパーニュ地方を訪れましたが、最初にランス(Reims)という町にあるポメリーのシャンパンシャトーを見学し、試飲をしました。まあそれはどうでもいいんですが、そこにあった広告写真に衝撃を受けました。
画像


もしかしたらワタクシの勝手な解釈かもしれないけれど、この映像ピアノにとって非常に過酷なというか虐待とでもいうべき行動ですよね。で、ピアノはシュタンウェイ。ご存じドイツとアメリカで製造されている超有名ブランドです。ポメリーというフランスを代表するシャンパンメーカーは、ドイツとアメリカの代表的ブランドに対し、このような仕打ちをしているわけです。ピアノのブランド名をこれ見よがしに前面に出しているということで、ワタクシは確信犯と断定しましたが、どうでしょ?

ランスの街を歩いていると、ふと見かけたのが、ゲシュタポ犠牲者を慰霊する場所。駅近くの中心街の一角にあります。フランスの人はドイツのやったことを絶対に忘れていないのだと思いました。そして、きっとアメリカもそれほど好きじゃないのだろうなと。シャンパーニュやボルドーのワイナリーを見学していて、アメリカ人観光客と一緒になることがよくあったのですが、そういう時に限って案内してくれる係員の人は日本人であるワタクシに妙に優しくなりました。

やはりヨーロッパが本当に統一できるのは、さらには世界が一つの価値観でまとまるのは、相当苦難の道のりを経ないと難しいだろうなぁ、と感じる瞬間です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

てつ
2011年08月09日 03:02
旅行記アップ楽しみにしてます!
(ま)
2011年08月09日 23:58
旅行記期待して待ってます!

この記事へのトラックバック