システムエラー(休日モード)


最近クレジットカードとかの受け取りで始まったと思われる郵政公社の「本人限定受取郵便物」
まずこういう案内が届き、その指示に従って電話をかけて本人確認をし、そのあとで指定した時間帯に配達してくれるというもの。受け取る時も本人確認のため身分証とかの照合があり、なかなか厳格ですが・・・

こういうエラーって頻発しているのかなぁ?教えてあげなくては・・・
画像


ちょっと気になるのは、こういうのが悪用されないかということ。勝手にこういうのを偽造してポストにほうりこんで偽の番号に電話をかけさせて、本人個人情報を聞き出したり。まあ通常の電話番号では足がつくでしょうけれどね。

それにしても今年は言葉ネタが豊富で楽しい年です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

anonymous coward
2011年12月17日 21:58
日付未入力(=0)を無理やり変換すると明治33年1月0日になるってやつですね。外部向けの帳票ぐらい、決められた範囲の値を入力しないと出力しないとかやらないんでしょうかね…
郵政は人の出入りが激しいようですから、フールプルーフな設計が必要なんでしょうが、どこまでもお粗末ですね…
2011年12月29日 08:34
anonymous cowardさんどうもです。最近ちょっと話題になっている遅配やDM破棄の問題とも根っこは一緒なんでしょうかね。

この記事へのトラックバック