新型コロナウィルス禍と市場



すでに金融証券市場にも多大な影響が出ているが、今回のCOVID-19は非常に厄介なもので、金融証券市場はそれを割と冷静に判断していると思える。パニックではなく冷静に判断した結果として、これまで我々がほぼ経験したことのないようなかなり厳しい状況をきちんと見据えて投げ売りをしているというところが厄介なのだと思う。株式市場の下落の速度がこれまでの下落局面より早く感じるのはそういう「わかりやすさ」もあるのかもしれない。

ワタクシはたぶん市場参加者としては平均以上生きていると思うが、少なくとも物心ついてからというもの、市場の大きな変動要因は、金融的なバブルの崩壊(ブラックマンデーなど)、流動性や信用不安(リーマンショック、通貨危機など)、制度的枠組みの大きな変動(ドルの金兌換停止など)というものばかりであり、病害(感染症)による市場ショックはおそらく初めてである。それだけに、この物事の帰趨について経験に基づいてきちんと語れる経済・市場関係者が存在しない。このことが今回の最大の特徴であろう。それゆえ非常に不確実性が高い、つまりCOVID-19が新たな種類であることも含め、収束時期などが予測しづらい。風邪の一種だから温かくなれば収束するという素朴な考えはすでに棄却されている。だから、我々の経済や社会に与える影響度が予測しづらいのである。つまり、人々が行動を制約され、国際間の人やモノの行き来が滞る期間がどのくらいになるのか全く読めない。その意味では今回の危機はこれまでの金融危機の状態よりも悪い。金融危機というのは、バブルの崩壊ならばオーバープライシングの是正、信用危機ならば資金供給とクレジットのバックアップがあれば収束したはずだ。しかし感染症の場合、国レベルで人がバタバタ死ぬということになれば、根本的な国の存続にかかわるので、経済を二の次にして感染防止にあたる。つまり経済停止によって付加価値の生産が大きく阻害されてしまって、そのゴールが見えないことが最大のリスクである。地震や風水害といった天災ですら、ゴールは見える。病害の場合、それこそ人っ子一人残らない状態まで国民が死に絶えるリスクもゼロではないと考えると、政治をつかさどる立場からは、経済的なゴールが見えない状態でも感染防止に動かざるを得ない。

残念ながら、現在はまだ問題が拡大している時期である。しかも今回はさらに悪いことに、3月であり、日本企業特に金融機関などの会計期末が集中する。機関投資家は、決算対応及びリスク量を減らす対応として株をはじめとするリスク資産は売却せざるを得ないだろう。為替は、主に外債でのエクスポージャーだから、金利が下がっていることを考えるとそこまで激しく処分することはないかもしれない。救いは、多くの会社がこれまで批判されながらも内部留保をため込んでいたことであり、まさにいい時にため込むというのがCCyB(カウンターシクリカルバッファー)だから、それを割と経済界全体でやっていたのだろうと思う。

当局からの対応としては、まあ資金供給や中小企業への補助などは当然として、それ以外にも金利の引き下げやETFの買い入れなどが考えられる。ただ、マイナス金利の深堀は、今後金融機関自身が貸付先や投資先の信用リスクにもさらされることを考えると、その収益をさらに奪うことになりかねず、たぶん難しいのではないか。ETFの買い入れももはやこれ以上やると市場のゆがみをさらに加速させ、極論すれば資本主義を捨てるぐらいの覚悟がないとできないのではないかと思う。結局のところ、政府が財政を通じてどの程度ばらまくのか、ということになる。まっとうに考えると、海外ファンディングをやっている国のクレジットは厳しいだろう。日本はまだそういう状況ではないにせよ、GDP比の財政赤字が厳しい数字となっていて、今後世界的にもそうだが、国家の格下げなどのリスクも考えなければならないだろう。その意味では国債の金利が一方的に下がるとも考えづらい。

当面はまだ底の見えない展開が続くが、人がちゃんと生き延びていく限りにおいて、経済は動き続ける。どのような規模まで縮小するかはわからないが、COVID-19では感染者の8割は軽症、残りの2割で重症化する人が出て、感染者のうち3%ぐらいの人が死亡する、と考えていいだろう。となれば、イタリアのように「濃い接触」「高齢化」といった悪条件を加味しても、人口の9割以上は残るだろう。そして、極論すれば、メルケル首相がいうように国民の六割から七割が感染するかもしれないが、それがある意味ピークであって、身もふたもない言い方をすれば死ぬ人が死んでしまった後は、収束するのだろうと思う。実際中国では(あくまで当局を信じれば、だが、今回はさすがにまともに発表していると信じている)すでに患者数も死者数も収束に向かっている。12月中頃を起点とすれば約2か月で収束した形となっている。欧米ではまあ1月末か2月前半ぐらいを起点として考えるべきだろうから、その対応のまずさやリスクに対する感度の鈍さという彼らの欠点を割り引いても4月中にはいったんおおむね収束すると信じたい。現在は、3月末という時期的な要素と、逆オイルショック的な要素も絡んでおり、非常に危機的な状況だが、COVID-19に限って言えばその意味では程度ゴールは見えているのであって、もちろん楽観は許されないが、必要以上に悲観的にならずにその先を見据えて行動したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント