Guesswork

8月5日付のFTで、日経の記事がちょっと「やり玉」に上がっている。7月23日に日経新聞はゲーム会社ガンホーの売り上げや利益に関する記事を載せたが、これが7月29日引け後に発表された結果と非常に近い数字であったことが話題となった。
もちろん、会社側が23日の段階で公式に数字のイメージを伝えるわけもなく、考えられることは二つ。日経新聞がメディアという力をうまく使って数字を聞き出した(と同時にオフレコであるにもかかわらず発表してしまった)か、日経新聞の記者の「想像上の産物」(guesswork)がたまたまヒットしたか、ということになる。

もちろんバイサイド、セルサイドアナリストたちも、できる範囲で数字のイメージをつかむためインタビューなどを行うわけだが、露骨に業績数字を聞いてしまったりしてそれを意図的に利用したりすると、インサイダーに加担するといった面倒なことになる。だから当然露骨には聞かないようにするし、ましてや(仮に聞いちゃったら逆に)それを文字にするなどもってのほか、ということになる。

数字のイメージを聞いてしまって記事にしたのであれば、論外である。少なくとも海外から見て、こういう市場は情報がフェアに開示されない後進的な市場ということになる。
一方、(考えづらいが)日経の記者のguessworkだとほんとうにしたら?日経の記者も多少は勉強しているのだろうから、ある程度予想することはできるのかもしれない。しかしその場合でも経済新聞というメディアの持つ性格からして、おとなしくしているべきではなかったか?個人がブログで予想しているのではない。日経という看板を持っていると、やはり何らかの権威づけというかそういうものを勝手に置かれても仕方ないだろう。マーケット予想のコンセンサスの報道ならわかるが、あたかも独自のソースがあるかのような報道はいろいろな疑いの目で見られ、日本の株式市場の信頼性を著しく損なうリスクがある。

Guessworkと聞いて思わずゲスの仕事、と訳してしまった私はひねくれてますかそうですか。

"Guesswork" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント