仮想通貨流出事件

今回問題となったZaifの運営会社テックビューロは今年前半にも業務改善命令を受けている。しかも2回も。そして今回の流出事件に至るというわけだ。さらに間が悪いというかひどいというか、9月10日に業務改善命令に対する報告書が受理されたばかり。その数日後に流出事件が起こり、その発見にも時間がかかっている。結局だめですね。 ある記事による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラスチックストロー

以前にウミガメの鼻に刺さったストローの映像が大きく取り上げられ、海洋汚染の深刻さをアピールする形で反プラスチックストロー運動が急速に盛り上がりました。外食系のいくつかが即座にプラスチックストロー全廃へ向けて動いています。法律で規制している国などもあるようです。しかし、本当に問題なのはストローではない、というのが下の映像。 http…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世襲リスク

スルガ銀行に関する日経の記事を引用させていただきます。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34655350X20C18A8000000/?n_cid=NMAIL007 文中より引用 「岡野会長は1985年に頭取に就任し、個人向け融資を主軸にしたユニークな戦略を主導した「中興の祖」」 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀のETF保有の影響と出口戦略について(本日の日経「経済教室」を読んで)

郡司先生が書いておられます。基本的には日銀のETF保有における出口を論ずるものであり、困難であるという点については共有できますが、内容についていくつか気になった点を挙げておきます。 1。日本企業のROA(総資産収益率)の変化を調べた結果として、日銀によるETF買い入れにより日経平均採用銘柄群の「利益」が低下したとしている点。私も厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダナンへの旅(夏休みモード)

別に今年の日本の超猛暑を予想していたわけではありませんが、何となく前から夏は東南アジアのほうが涼しいのではないか、と思う面があり、今年の夏はベトナムのダナン旅行を企画しました。結果的に非常に満足度の高い旅行になりました。 まずダナンについて。ご存じの方も多いと思いますが、ベトナム共和国中部の都市です。数年前からベトナムエアが成田か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融政策の変更?

本日の日銀政策決定会合での結果は概ね市場の期待に応えた部分があるものの、良く見てみるとなんだかよくわからない感じになってしまいました。 変化のポイントは大きく分けて三つ 一つ目は、短期金利のうち政策金利残高にマイナス0.1%の金利を適用、10年物国債金利がゼロ%程度で推移するようするというイールドカーブコントロール(YCC)の目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融緩和雑感

先日ある会合にお招きいただき、偉い大学の先生方やエコノミストの方々によるパネリストで黒田日銀の今後の金融政策について議論する場に参加させていただきました。 まあ詳しい内容は差し控えますが、パネラー、会場ほぼ一致して現状の緩和スタンスが問題がある、との視点で話しておられました。xx先生も○○先生ももはやさじを投げましたかそうですか、とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプリスク

本日の日経に翻訳記事が記載されていたが、英FT紙のマーティン・ウルフ氏の論説は、最初の一文で今の憂うべき状況を端的に物語っている。 「今、世界一の大国を率いているのは危険な無学者だ。」 トランプ氏の気持ちはわからないでもない。アメリカは人もカネも出して世界の安全保障に貢献しているがほかの国はそれにタダ乗りしている。しかも一部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人向け国債のイメージビデオがブラックすぎる(個人的感想)件

https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/life_event/housing_funds/ 10年後の君に、このご時世に国債買って幸せを贈れるんですかぁ?(もちろん個人向け国債はプラスの金利が付くとは思いますが) 逆に国債依存経済で、借金贈るんじゃないですかぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米朝首脳会談実現の含意

米朝首脳会談がついに実現しました。前のエントリーで、一旦中止したのは相互にとっての「ディール」であるみたいなことを書きましたが、結果として実現しました。これはある意味(あくまで「ある意味」です)両首脳にとって(両国とか世界にとってではないので念のため)当面win-winの事実を作ったと思います。 北朝鮮にとっては、もともと長い間「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米朝首脳会談中止に思う(個人的見解)

多くの人はやっぱりな、と思ったのではないでしょうか。ワタクシはそう思いました。 そもそも、直接会うというのがかなり唐突であり、トランプ流の「ディール」の一環だったと思うのです。結果的に、トランプは何も失うものなく人質を取り返し、まあホンマモノかどうかわかりませんが、核開発に使っていたという施設を爆破させた。その上での合意破棄。トラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはアカン・・・

『文書改ざん「どの組織でもありうる 個人の問題」麻生氏』 (NHKニュース見出しより) いやー「改ざん」は「どの組織でもあること」なんて言っていちゃだめですよ。 事実としてあったとしたらトップ主導で徹底的に排除するのが「組織ガバナンス」ではございませんかね?今は特にコーポレートガバナンスの向上で経済全体を底上げしようというのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日

今日から世間的には4連休です。お仕事の方も多いと思いますが、オフィスワーカーはお休みの方が多いでしょう。 憲法記念日。ご存じの通り、現在の日本国憲法が施行された日です。戦争のあとほどなく制定された現憲法は、色々批判は多いものの、やはり今の日本の国のあり方を定めているもので、大きな役割を果たしてきたと思います。 しかし、太平洋戦争の終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼろぼろなYCC(連休モード)

何が面白くてYCCをやるのだ。 カーブの10ベーシスのぬかるみの中では、 オペの必要量が大き過ぎるぢゃないか。 デュレーションがあんまり長過ぎるぢゃないか。 財政赤字が拡大する国にこれでは方針がぼろぼろ過ぎるぢゃないか。 収益が足りなひから0.05%も買ふだらうが、 銀行の眼は遠くばかりみてゐるぢ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国10年国債金利3%の含意

最近は、金利の上昇と株価の反応が割りときちんと1日遅れでくる。金利がおおおと上昇したらその翌営業日のNYが結構大きな下げとなる。ある程度一日が終わらないと参加者は行動しにくいという部分もあるだろう。ということで、月曜日に米国10年金利が3%直前まで上昇して、まあ火曜日はお約束通り株に影響が出た。 ちょっと感覚的な話をすることをお許…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セクハラと贈収賄

しつこいけれど、個人的には非常に興味があるので、財務次官のセクハラ事件についてもう少し視点を変えて考えてみたい。それは、本件を贈収賄として構成する可能性についてである。 公務員である次官が職務に関連して賄賂を受け取れば収賄罪になる。それを送った側は贈賄罪になる。公務員がその職務に関して賄賂を収受、または要求、約束すれば構成要件には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドンナ作戦

今はどうかわかりませんが、いわゆる外資系金融とか外資系情報ベンダーとかは頭のいい若い女性を多く採用し、営業にあてていました。今はどうかわかりませんが、少なくとも過去に聞いた話では伝統型日本金融機関の男性担当者のところにそういう若い(しかも結構美形の)才女を担当としてあてて、色々な仕組み商品を売らせたりしていたようです。まあ個別の案件の深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さまざまな意味での信頼の崩壊

最近、過去において信頼のシンボルみたいなものがいろいろと揺らいできている。新聞については昔某新聞がサンゴに意図的に傷をつけて環境破壊記事に仕立てたことが決定的だった。それ以来新聞記事は最後の連載小説とスポーツ欄から読むようになった。一方でお役所も世の中の人々の無知に付け込んでいろいろごまかしてきたのが、某新聞の内部通報からと思われるスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金機構と外部委託先

今度は、また(あえて「また」と言わせていただきますが)年金機構によるチョンボが発覚しました。 データ入力の委託先(「SAY企画」とかいう会社ですね)が契約上禁止されているのに中国の会社に再委託していたということで、これを止められなかった委託者(年金機構)のチョンボです。 まあワタクシのような一般人が反応するのはまず、「中国」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more