銀行は大変ですね

あるメガバンクの口座を持っているワタクシは、先日そのメガバンクで、一定の条件(住宅ローン、給与振り込みなど)を満たす対象者に対するサービスがあることを知った。何でも振込手数料が無料になったり、ATMの時間外手数料が無料になったりするらしい。これは!!と思って申し込んだのだが、その後銀行さんというのは本当に大変な商売だなぁと思うような出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭の悪い人

頭の悪い人は普遍的に存在する。共通点は自分に自信を持ちすぎていることであり、そのことが知識不足や経験不足とミックスされるとよろしくない結果を起こす。さらにそういう人が広い意味での権力を握ると、これは最悪だ。自分の自信のなさや知識不足をその権力の行使によって補おうとするからであり、その結果組織は大混乱に陥る。 会社などでも、とっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決裁文書の改竄

財務省側が森友学園への土地譲渡に関係する決裁文書が決裁後に書き換えられていたことを認めました。 多くの人が言っているように、この事件そのものの本質は、いろいろいきさつがあってややこしい(関西弁的な意味で)土地を、何とか財務省がいわくつきの団体に対して譲渡できた、ということであり、まあ見方によっては財務省のクリーンヒットとも見え…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カジノを巡る議論

ワタクシは日本にはカジノは不要だと思っています。それは二つ理由があって、すでに日本には立派なパチンコという庶民的な賭博が実質的に合法化されており、それが依存症や借金といった問題を生んでおり、その上でカジノはさらに問題を生むかもしれないという点、もう一つは、カジノを含めたIRが目的とする外国人ビジター誘致はすでにカジノなしで十分目的を達し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調整ないし暴落の段階論

過去からなんどか大規模な市場の調整を眺めてきた(時には渦中で死にかけた)身としては、急激な市場調整ないし暴落というのはある程度パターンがあると思っています。 第一段階は、本来連携すべきものが連携しなくなった、あるいは相関がおかしくなった、それによってある資産の価格がおかしな動きを始めたという現象がみられる。つまり言葉を変えると広い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式の調整

ようやく来たかという感じです。ただ、金利中心に見ている人にとってはあまり違和感のない動きではないかと思います。最近周りの人々(除く債券畑の人)と話していても意外に「無警戒」というか「慢心」というかそういう感じがありありと出ていて、いろんなところで「緩い」雰囲気というか株価が上がる理由はいくらでもあるが下がる理由がないみたいなことを言う人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮想通貨ないし暗号通貨なるもの

コインチェックのハッキングによる「仮想通貨」流出問題は、どういう結末になるのかなかなか想像がつきません。コインを失った人々に対する補償の問題とか、お金の出所とか興味は尽きないのですが、まあそれは事件処理として考えるとして、ワタクシとしては、この仮想通貨なり暗号通貨と言ったものの使われ方が現在歪んでいるとの思いを強く持っています。背景にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人手不足(その後)

前回エントリーに載せた銀行の手続きの話ですが、あれで終わったと思っていたら電話が・・・ 「xx様(ワタクシ)、大変申し訳ないのですが前回記入いただいた書類で日付を訂正されたと思うのですが、私(ご担当者)のほうでは私の訂正印で特に問題がないと思っておりましたら本部からこれではだめで書き直ししてもらうよう指示されまして・・・」 問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人手不足

なのだそうです。多分ワタクシの感覚では「本当に必要な部分に人手は足りないが、そうではない部分では意外に余っており、結構制度的なレガシーを維持するために食いつながせている。そういう余った人たちを養うために内部留保が必要」っぽい感じがしてなりません。 最近の事例を紹介します。 あるメガバンクのATMのカードが経年劣化でぼろぼろに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そこまでしないと

最近は妊婦さんは席って譲ってもらえないもんですか、そうですか・・・ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000078-impress-sci こんなことしないでも、困難を抱える人が普通に席を譲ってもらえる社会を目指すべきだと思いますが、理想論なんですかね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙雑感

ちょっと自民党が勝ちすぎた気もしますが、概ね大方の予想に即した結果ではなかったかと思います。希望の党の勃興と衰退はなかなか興味深いイベントでしたが、結果として自民党と立憲民主党に票が流れる結果となったと思います。自分が投票する立場となってみれば、自民党(特に安倍首相)の政策をいまいち評価しないけれど、あまりにずさんな希望の党に入れたくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁が「内部留保」にいちゃもん

ワタクシにはそのように読めてしまいます。 本日18日の日経の記事 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22358340X11C17A0EE8000/ この記事だけ読むと金融庁が直接民間企業の内部留保の使い方に手を入れるという風に読めますが、まあ実際には証券取引所を通じて上場企業に対する…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「人間だもの」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20091002/206138/?n_cid=nbpnbo_mlpum ノーベル経済学賞受賞のセイラー教授のインタビュー記事。タイトルを読んでまさかとは思いましたが、来日されて本当に「相田みつを」美術館に行かれたそうです。存命なら共著者をお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リベラルとは?(休日モード)

朝の番組で 「リベラル」の定義って本当は何?っていう議論をしていたので、ふと学生時代、あるアメリカ帰りの教授から言われたことを思い出しました。 「アメリカではね、政治の世界でリベラルっていうと、それはどちらかというと「極左」のニュアンスに近いんだよ」 いまの日本の状況を見たら、だんだんその意味がじわっと来ています。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

解散総選挙に思う

希望の党というのが今度の衆議院選挙で旗揚げして小池百合子氏が党首として戦うということですが。 率直に言っていくつかの点で違和感とかありますね。 政策面ではまず、みなさん批判されているように内部留保への課税とか非常に違和感あります。長年経済ニュースキャスターや自民党の政治家をやってこられた方とは思えないような主張をだされていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉のニュアンスの重要性

ニュースがインターネットを中心に流布されるようになってから、非常に気になっていることがある。それは記事の日本語の質である。 自分自身の文章も偉そうなことは言えない。中身も大したことがないし、そもそも勘違いしている面も多々ある。でも同じようなレベルで、一応商業ベースメディアと位置付けるヤフーニュースをはじめとして、現状は「誤字は当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more