投信「選択と集中」進む(本日の日経記事から)

むかし、グロソブ(グローバル・ソブリンボンド・ファンド)が登場した時、直観的にこれは売れると思った。すでに高齢者の手元に多額の現金(余裕資金)がたまっている状況であったから、そういう人たちのニーズとしては元本を維持しながら、毎月お小遣い的なキャッシュフローがある、というのは非常に魅力的だろうと思った。仮に時価変動で元本を割り込むこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「非産運用」~捨てられる銀行2

共同通信の記者の方の著作で、前著「捨てられる銀行」の続編という位置づけです。基本的には金融庁の森長官の趣旨を汲んだ、ある意味金融庁長官のプロパガンダ本、ということになりましょう。(なにせ本の外帯には「・・・森長官の真意とは」という表記があるくらいですから、まさに真意をここで披瀝されているということで、そのために出した本ということです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁長官、アパートローンの急増にお怒り

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170330-00000001-facta-bus_all いやね、マイナス金利政策あるいはそれまでの異次元緩和ってどう考えてもバブル作るための政策だと思ってたんですよ。構造的に上がらない物価を力づくであげる過程で、まずは普通に資産バブル出るでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ政権、航空会社に新たな規制?

http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040001_R20C17A3000000/ 携帯電話より大きな電子機器というとタブレットやパソコンは入りますね。あるいみ最近のコンピュータが入った家電機器はすべてダメ、ということでしょうね。 この記事を読んで、あくまで内容が正しければですが、ある意味トラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これわひどい

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14184780W7A310C1EE9000/ いや、ついこないだまで、地域金融への取り組みとかモデルケースまで示して地銀とはこうあるべきだ、それができないなら潰れてしまえ(とははっきりとは言っていないけど)というメッセージを流していたお役所様が、この記事によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FED 利上げ

今回は大方の予想通りということでターゲットレートレンジをそれぞれ25BP引き上げました。詳細な読み込みはどらめもんさんのところ(2017/3/16分)でやっていただいているので、ワタクシが余計なことを言うこともないのですが、ちょっと個人的メモとして考えたことを残しておきたいと思います。 まあ実際のところ最近の指標がやたらいいので、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スティグリッツ教授「国債無効化」説

ワタクシはどうせ頭が悪いし経済の素養も全くないので良くわかりませんが、政府・日銀が保有している国債が無効になると、今発行している紙幣の大半が軍票化つまり何の裏付けもない紙切れと化すような気がしてならないのですが。不安はいくらか和らぐどころか、ワタクシのなかでは不安が一気に高まってしまいます。みなさん、きっと現物資産の買い占めに走るんでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁、地銀に特別検査

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H5A_Y7A300C1MM8000/?n_cid=NMAIL001 もともと地銀に対しては現在の森長官がそのビジネスモデルに対して強い疑念をあらわにしており、ことあるごとにこれまでからいろいろなところでそれを表明してきたところで、恐らく森長官の頭の中…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

トランプ大統領の施政方針演説

CNNで紹介された「全文」を読んでみました。内容はともかく、スピーチとしてはアメリカの非常に有能なスピーチライターが書いたと思われる美しい構成となっています。トランプ大統領が普段使うようなあまり洗練されていない形容詞が繰り返されることもなく、「こちらでは~なのに、肝心のこちらは・・・だ」みたいな巧みな対比が多く用いられ、トランプさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タクシー業界(雑談モード)

先ごろ東京都内でタクシーの初乗り運賃が410円に値下げされました。いろいろな思惑はありそうですが、これに伴って経験したある出来事についてお話ししたいと思います。 都内には公式にはタクシー乗り場ではないものの、タクシーが客待ちの行列を作っているところがいくつかあります。ワタクシの仕事場の近くにもそれはありまして、だいたいそこに行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ政権の「人材不足」

トランプ大統領の顧問がイバンカさんのブランドを買えとテレビで訴えたとか。乗る度ストロームなんかがイバンカさんのブランド取り扱いをやめるという話にトランプさんが反応したその続編みたいな感じでしょうけれど。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170210/k10010871051000.html もうね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうでもいい話(3月ダイヤ改正で生まれるS-Trainについて)

関東のごく一部のローカルな鉄オタのたわごとですので興味のない方には時間の無駄です。 http://www.tokyu.co.jp/file/170110.pdf もうすぐダイヤ改正があり、西武線、東京メトロ副都心線、有楽町線、東急東横線、みなとみらい線という壮大な乗り入れ各社の間で直通で有料座席指定(すわっていける)の新たな急行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ政策の意味するもの

トランプ氏がイスラム教圏7か国からの入国を拒否するという暴挙に出ていて、米国は言うまでもなく世界中に波紋を呼び起こしています。 この事件、なかなか興味深い点があるので、自分なりに整理しておきたいと思います。 1. トランプ氏の選挙公約は「イスラム教徒」の入国禁止だった。 ですから、7か国からの入国禁止というのはそもそも公約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「企業年金の運用「脱国債」」(日経一面の記事より)

1月14日付の日経一面でこのようなタイトルの記事が出ていました。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H30_T10C17A1MM8000/ まあヘッドラインそのものはその通りでしょう、という感じです。 これまで、企業年金では国債を中心とした国内債券に多くの配分をすることが多く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年(あけおめモード)

どうでもいいけれど「くまもん」って英訳すると、クマがBearで「もん」がポケモンのならいでモンスターの略だとするとMonster Bearとでも訳すのかな、と思いまして(もちろん本当はくまもともん(熊本人)のことです)、もし年明け暴落したら大納会に「くまもん」を登場させた日本証券取引所関係者には、猛省を促したい(違)ところですが、さすが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のエアライン体験記(年末モード)

先日北海道でも大雪で欠航などが相次ぎ、新千歳空港で中国人観光客が暴れたとかいうニュースがでてましたが、人は寒さと空腹にさらされると生存本能によっておそらく暴れるケースが出てきやすくなると思うので、特に寒冷地の空港は十分な毛布と、簡単な「おこめと炒め物の入った食事」が早めに提供できる用意をされるのがよろしいかと。残念ながら天候理由の欠航は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長期金利目標0.1%(笑)・・・

昨日の日銀政策決定会合後の黒田総裁の「言い間違い」が盛大にサカナにされて盛り上がっているようですが(たとえばどらめもんさんのところ)、まあこれもいろいろ書かれている通り、10年国債金利0.1%というのが現在の少なくとも黒田総裁の心の中での「トリガーポイント」(指値オペ炸裂)ということをついつい漏らしてしまったという気はします。(1%とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜田センせぇー・・・

安倍政権の経済政策というか金融政策のブレーンであった浜田センセイのインタビュー記事。(本石町さんのツイッターで紹介されていました)。 http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09531030U6A111C1EE8000/ いわく 「私がかつて『デフレは(通貨供給量の少なさに起因する)マネタリーな現象…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トランプ大統領

選挙戦で接戦になっていたことの意味を我々は軽視しすぎていたようです。トランプ氏があれほど暴言をはいていても、共和党のえらいさんが自分ところの候補を支持しないとか言い出しても、メディアがそろってトランプ氏を口を極めて非難しクリントンの見方をしても、そこまでしてもそれほど差が開かなかったということの正しい解釈は 「もし相手がトランプ氏…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

混迷度合いを深めた金融政策

今回の政策決定会合の結果を見て、マーケットをやっている人ならまずは「長短金利操作」(イールドカーブ・コントロール)のところで「おおおおおっっ!!」とのけぞって、人によっては転職エージェントに電話した人もいたかもしれません。 http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k16092…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more