テーマ:いちゃもん

シャープマスク当選!!・・・ん?

★━━━━━━━━━━━━━━━… 【第12回ご当選のお知らせ】シャープ マスク MA-1050ご購入手続きのご案内 …━━━━━━━━━━━━━━━★ シャープマスク抽選販売事務局です。 このたびは、シャープ製マスク抽選販売にご応募いただき、誠にありがとうございました。 第1回〜第12回までにご応募いただいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白記事

https://ganbarustars.info/nandemo/archives/669 中国の春節についてネットでいろいろ見ていたらぶち当たりました。 前半はまあ普通の春節の解説なんですが、後半為替の話でがぜん面白くなります。 ちょっと引用させていただきます。 「中国人がなぜ爆買いできたのか。 それは中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父親による小学4年生女児殺人事件

あまり社会ネタについてはコメントをしない主義なのですが、これについては、ちょっと別の視点からコメントしてみたいと思います。 http://news.livedoor.com/article/detail/15956363/ 千葉県野田市での父親による小学4年生女児の虐待死というか殺人事件。 上記引用記事にもありますように、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本郵政と外資系保険の資本提携

個人的には、TVコマーシャルなどにおいて愛玩系の動物を用いる企業は信用できないと思っています。あくまでワタクシの意見ですが、「かわいい」(ちょっと前の女子高生的なノリで)を前面に押し出すのは、その背後の醜さを覆い隠さんがためのものであろうと思うわけです。白い犬の某通信系企業しかり、白いあひるの某米系医療保険会社しかり。(もちろんペットフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移民政策の転換案に思う

正直な感想を述べれば、現在の日本の首相は頭が悪いと思う。 今の経済政策とか間接的に指示している金融政策などは、ある意味頭が悪くないとできないというか、真っ当な神経ではなかなか取り組めないだろうと思うが、結果として株価が上昇し、景気が良くなっている。しかし、これについては麻薬中毒になっているだけという見方もできるわけで、もちろん最も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKマネーワールド

いまちょうどテレビでやっているのだけれど、インフレの問題と仮想通貨の問題とデジタル通貨の問題がごちゃごちゃに議論されていて、何を言っているのかさっぱりわからない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮想通貨流出事件

今回問題となったZaifの運営会社テックビューロは今年前半にも業務改善命令を受けている。しかも2回も。そして今回の流出事件に至るというわけだ。さらに間が悪いというかひどいというか、9月10日に業務改善命令に対する報告書が受理されたばかり。その数日後に流出事件が起こり、その発見にも時間がかかっている。結局だめですね。 ある記事による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラスチックストロー

以前にウミガメの鼻に刺さったストローの映像が大きく取り上げられ、海洋汚染の深刻さをアピールする形で反プラスチックストロー運動が急速に盛り上がりました。外食系のいくつかが即座にプラスチックストロー全廃へ向けて動いています。法律で規制している国などもあるようです。しかし、本当に問題なのはストローではない、というのが下の映像。 http…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トランプリスク

本日の日経に翻訳記事が記載されていたが、英FT紙のマーティン・ウルフ氏の論説は、最初の一文で今の憂うべき状況を端的に物語っている。 「今、世界一の大国を率いているのは危険な無学者だ。」 トランプ氏の気持ちはわからないでもない。アメリカは人もカネも出して世界の安全保障に貢献しているがほかの国はそれにタダ乗りしている。しかも一部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人向け国債のイメージビデオがブラックすぎる(個人的感想)件

https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/life_event/housing_funds/ 10年後の君に、このご時世に国債買って幸せを贈れるんですかぁ?(もちろん個人向け国債はプラスの金利が付くとは思いますが) 逆に国債依存経済で、借金贈るんじゃないですかぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはアカン・・・

『文書改ざん「どの組織でもありうる 個人の問題」麻生氏』 (NHKニュース見出しより) いやー「改ざん」は「どの組織でもあること」なんて言っていちゃだめですよ。 事実としてあったとしたらトップ主導で徹底的に排除するのが「組織ガバナンス」ではございませんかね?今は特にコーポレートガバナンスの向上で経済全体を底上げしようというのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日

今日から世間的には4連休です。お仕事の方も多いと思いますが、オフィスワーカーはお休みの方が多いでしょう。 憲法記念日。ご存じの通り、現在の日本国憲法が施行された日です。戦争のあとほどなく制定された現憲法は、色々批判は多いものの、やはり今の日本の国のあり方を定めているもので、大きな役割を果たしてきたと思います。 しかし、太平洋戦争の終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セクハラと贈収賄

しつこいけれど、個人的には非常に興味があるので、財務次官のセクハラ事件についてもう少し視点を変えて考えてみたい。それは、本件を贈収賄として構成する可能性についてである。 公務員である次官が職務に関連して賄賂を受け取れば収賄罪になる。それを送った側は贈賄罪になる。公務員がその職務に関して賄賂を収受、または要求、約束すれば構成要件には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドンナ作戦

今はどうかわかりませんが、いわゆる外資系金融とか外資系情報ベンダーとかは頭のいい若い女性を多く採用し、営業にあてていました。今はどうかわかりませんが、少なくとも過去に聞いた話では伝統型日本金融機関の男性担当者のところにそういう若い(しかも結構美形の)才女を担当としてあてて、色々な仕組み商品を売らせたりしていたようです。まあ個別の案件の深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さまざまな意味での信頼の崩壊

最近、過去において信頼のシンボルみたいなものがいろいろと揺らいできている。新聞については昔某新聞がサンゴに意図的に傷をつけて環境破壊記事に仕立てたことが決定的だった。それ以来新聞記事は最後の連載小説とスポーツ欄から読むようになった。一方でお役所も世の中の人々の無知に付け込んでいろいろごまかしてきたのが、某新聞の内部通報からと思われるスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金機構と外部委託先

今度は、また(あえて「また」と言わせていただきますが)年金機構によるチョンボが発覚しました。 データ入力の委託先(「SAY企画」とかいう会社ですね)が契約上禁止されているのに中国の会社に再委託していたということで、これを止められなかった委託者(年金機構)のチョンボです。 まあワタクシのような一般人が反応するのはまず、「中国」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決裁文書の改竄

財務省側が森友学園への土地譲渡に関係する決裁文書が決裁後に書き換えられていたことを認めました。 多くの人が言っているように、この事件そのものの本質は、いろいろいきさつがあってややこしい(関西弁的な意味で)土地を、何とか財務省がいわくつきの団体に対して譲渡できた、ということであり、まあ見方によっては財務省のクリーンヒットとも見え…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カジノを巡る議論

ワタクシは日本にはカジノは不要だと思っています。それは二つ理由があって、すでに日本には立派なパチンコという庶民的な賭博が実質的に合法化されており、それが依存症や借金といった問題を生んでおり、その上でカジノはさらに問題を生むかもしれないという点、もう一つは、カジノを含めたIRが目的とする外国人ビジター誘致はすでにカジノなしで十分目的を達し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「時間市場創出推進議員連盟」

なるものがあるそうです。 夜間の観光振興によって消費拡大を狙い、年約5兆円の経済効果を見込むという提案をしているようです。 https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/night-economy?utm_term=.enkBVLMrPB#.juMdJOrN1d まあ狙いはともかく、具体的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成28事務年度金融レポート

金融庁から25日にでたものです。 http://www.fsa.go.jp/news/29/20171025.html 日経新聞の記事もあります。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22681070V21C17A0000000/ まだ時間がないので「主なポイント」と本体の一部しか読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁が「内部留保」にいちゃもん

ワタクシにはそのように読めてしまいます。 本日18日の日経の記事 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22358340X11C17A0EE8000/ この記事だけ読むと金融庁が直接民間企業の内部留保の使い方に手を入れるという風に読めますが、まあ実際には証券取引所を通じて上場企業に対する…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

言葉のニュアンスの重要性

ニュースがインターネットを中心に流布されるようになってから、非常に気になっていることがある。それは記事の日本語の質である。 自分自身の文章も偉そうなことは言えない。中身も大したことがないし、そもそも勘違いしている面も多々ある。でも同じようなレベルで、一応商業ベースメディアと位置付けるヤフーニュースをはじめとして、現状は「誤字は当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍事産業への投資の是非(ある記事について思うこと)

東京新聞に以下のような記事が出ていました。 (東京新聞より引用)9月17日電子版 GPIF年金運用 軍事上位10社の株保有 本紙調べ 公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、軍事部門の売上高が世界で十位以内に入るすべての企業の株式を保有していることが、本紙の調べで分かった。国民が支払う国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パッシブ投資家の議決権行使(本日の「大機小機」(日経))

また、非常に挑戦的なタイトルなのでついつい読んでしまいましたが、内容は株式発行企業側の方からの意見です。要旨としては、パッシブ投資家なんてものはろくに企業調査もせずまた個別企業にほとんどコミットメントも持たないんだから、議決権行使という余計な「口出し」はするな、というように読めました。 企業側から見た立場としてわからないわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(続)「残業代ゼロ法案」

だから、あなたのことじゃないってば・・・(to 清掃作業員) http://www.asahi.com/articles/ASK7M5HXFK7MULFA01N.html?ref=yahoo いや可能性は十分あるのですが、清掃作業員のかたで年収一千万以上あってさらに残業がつく人がいたら、それはそれで凄いというかどういう根拠でその…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

責任ある投資家と議決権行使助言会社

日本版スチュワードシップコードの正式名称は「責任ある機関投資家の諸原則」と言います。こうした原則が平成26年2月に金融庁から公表され(改正版は今年5月)、機関投資家や運用機関などがこれを受け入れるかどうか判断し(事実上は公的年金などが委託の前提としていることもありほぼ強制的に受け入れることを余儀なくされ)、受け入れる場合はそれについての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「残業代ゼロ法案」

まあよくもこのような本質を捻じ曲げたニックネームをつけたものです。いわゆるホワイトカラー・エグゼンプションの話。一定の給与水準以上貰っている人で時間で成果を図ることがふさわしくない立場や仕事内容の人については「時間外勤務」による割増賃金の支払いをなくす制度を法制化しようとするものです。 もちろんどのぐらいの年収からにするか、どういう職…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

再就職先確保?

「金融庁、健全地銀に人材」という見出しを見て、本当の狙いはそこでしたか、とか思わず勘ぐってしまった私はどうせゲスです、はい。 地域金融機関の苦境(というか日本の今の歪んだ金融環境)の原因が金融庁様にはっきりと認識されているのであれば、ソリューションはそこじゃないでしょ、とか思うんですけれどね。 http://www.nikkei.c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁長官、アパートローンの急増にお怒り

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170330-00000001-facta-bus_all いやね、マイナス金利政策あるいはそれまでの異次元緩和ってどう考えてもバブル作るための政策だと思ってたんですよ。構造的に上がらない物価を力づくであげる過程で、まずは普通に資産バブル出るでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more