テーマ:政治

トランプ大統領の施政方針演説

CNNで紹介された「全文」を読んでみました。内容はともかく、スピーチとしてはアメリカの非常に有能なスピーチライターが書いたと思われる美しい構成となっています。トランプ大統領が普段使うようなあまり洗練されていない形容詞が繰り返されることもなく、「こちらでは~なのに、肝心のこちらは・・・だ」みたいな巧みな対比が多く用いられ、トランプさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ政権の「人材不足」

トランプ大統領の顧問がイバンカさんのブランドを買えとテレビで訴えたとか。乗る度ストロームなんかがイバンカさんのブランド取り扱いをやめるという話にトランプさんが反応したその続編みたいな感じでしょうけれど。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170210/k10010871051000.html もうね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ政策の意味するもの

トランプ氏がイスラム教圏7か国からの入国を拒否するという暴挙に出ていて、米国は言うまでもなく世界中に波紋を呼び起こしています。 この事件、なかなか興味深い点があるので、自分なりに整理しておきたいと思います。 1. トランプ氏の選挙公約は「イスラム教徒」の入国禁止だった。 ですから、7か国からの入国禁止というのはそもそも公約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長期金利目標0.1%(笑)・・・

昨日の日銀政策決定会合後の黒田総裁の「言い間違い」が盛大にサカナにされて盛り上がっているようですが(たとえばどらめもんさんのところ)、まあこれもいろいろ書かれている通り、10年国債金利0.1%というのが現在の少なくとも黒田総裁の心の中での「トリガーポイント」(指値オペ炸裂)ということをついつい漏らしてしまったという気はします。(1%とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領

選挙戦で接戦になっていたことの意味を我々は軽視しすぎていたようです。トランプ氏があれほど暴言をはいていても、共和党のえらいさんが自分ところの候補を支持しないとか言い出しても、メディアがそろってトランプ氏を口を極めて非難しクリントンの見方をしても、そこまでしてもそれほど差が開かなかったということの正しい解釈は 「もし相手がトランプ氏…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

混迷度合いを深めた金融政策

今回の政策決定会合の結果を見て、マーケットをやっている人ならまずは「長短金利操作」(イールドカーブ・コントロール)のところで「おおおおおっっ!!」とのけぞって、人によっては転職エージェントに電話した人もいたかもしれません。 http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k16092…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

日銀のETF買い

29日の一面では「東証1部企業の4社に1社 公的マネー、筆頭株主に」という見出しで、大企業を中心に日銀やGPIFなどの公的資金が実質的な筆頭株主になっている企業が多くなっているという日経新聞の試算が示されている。 このブログでは何度か取り上げているが、公的資金が大株主になるということは全く問題ないとは言えないがまあそれ自体は結果と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きしみはじめたアベノミクス

民主党の野田政権が解散総選挙をやると決めたとき、ワタクシも含め「ようやく暗黒の民主党政権が終わる」とほっとしたと同時に、一抹の不安を覚えた人も多かったのではないか?それは総選挙の結果として安倍氏が首相になることがほぼ確実視されていたからである。第一次安倍内閣は病気のため途中退任したが、やはり国のトップとして健康不安はあまり印象がよろしく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀の永久債引き受けについて

デットエクイティスワップというのがあって、よく破たんしそうな企業などに対し、債権者がやる手法で、要するに貸金や債券(Debt)を株(Equity)に交換することで貸金や債券のもつ返済期限という制約から解放してあげる。その代りEquityをもつ元債権者は今度は株主としてその企業の経営に細かく口を出す(再建に対しいろいろ注文を付けたりする)…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

筋が悪すぎ

ヘリマネ検討の記事が出ています。 http://www.sankei.com/economy/news/160713/ecn1607130004-n1.html このろくでもない記事を書いた記者の目からすらも「財政を活用しない限り、アベノミクスは回生しそうにない」とあって、やっぱりアベノミクスはうまくいっていないという認識。にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはあかん

参議院選挙の結果で、衆参ともに改憲勢力が三分の二を占めることとなり、両院で憲法改正の発議ができることとなりました。あまりにも単純な予想で申し訳ないのですが、次の大規模国政選挙は2018年秋の衆議院選挙まで(安倍さんが解散でもしない限り)ありませんので、約2年半ほど時間がありまして、両院で三分の二というのはおそらく戦後初めてというかこの機…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

マイナス金利の一側面

このブログでも、これまで国債金利のことについて何度かとりあげています。市場金利の上昇や下落についてはそれが「資産」(たとえば国債)価格に与える影響というのはモノの一面だけをとらえているにすぎず、特に金融機関に対する本当の意味での影響を理解するためには「負債」の価値に与える影響も同時に見る必要があります。以前、生命保険会社のバランスシート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国国民投票の評価

先週の英国の国民投票で、英国のEU離脱に賛成する票が過半数をとり、金曜日のマーケットは大荒れとなりました。週末いろいろな方と会う機会がありましたが、普段金融とは全く関係のない世界にいる人々にとっても、「どうしたもんじゃろかいのぉ」というような真剣な憂慮が表明された事態です。 今後の手続きの進め方や英国にとっての様々な選択肢もふくめ、ま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アベノミクスとは何だったのか?

安倍首相が目指したことはいくつかある。 デフレ脱却による景気浮揚と成長確保 そのための日銀と協力した大胆な金融緩和 それによる税収確保と構造改革 社会保障と税の一体改革とそのための消費税引き上げ そのための三本の矢という概念が用意された 一本目は金融緩和 二本目は財政政策 三本目が成長戦略 残念ながら知らないう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり変だよNHK

何年か前にNHKの受信料の仕組みに疑問を呈したことがある http://ensaigaisai.at.webry.info/201203/article_3.html というか、もともとン10年以上まえの学生時代から、放送法に基づく「契約締結義務」は近代法の契約自由の原則に違背しているから変だと思っているのだが、残念なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックにむけたさまざまな動き

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160414-OYT1T50137.html?from=ytop_main4 東京オリンピックに向けて東京駅周辺を金融センターにしようということのようですが。 いまだにこんな手あかのついた陳腐なことを平気で言う人がいることに驚きます。 なんどもアイデアは出ていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パナマ文書(タックスヘイヴンの持つ意味)

どなたかとっても仕事の速いかたがいらっしゃるようで・・・ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9E%E6%96%87%E6%9B%B8 この文書の破壊力は、権力者を含む多くの著名人の名前が登場することであり、それらの方々の「蓄財」(まあそれ以外にパナマ籍で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国の外貨事情

4月号の選択という雑誌に、日本企業の子会社からの配当金支払いなど外貨送金が中国からできづらくなっている、という記事がのっている。(「中国進出「日本企業」の悲鳴」) これによれば、中国に進出している自動車系の部品メーカーが昨年秋以降かつて日本の親会社から借り入れた「親子ローン」を返済しようと外貨管理局に外貨への再両替と海外送金を申請した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀審議委員

最近就任された方の様子がいろいろと話題になっており、その就任会見の中身がどらめもんさんのところ(リンク先の4月5日の部分)でちょっといじられておるようで、いや、本当にイマドキの審議委員さんは大変だなぁと思う次第です。 http://www.boj.or.jp/announcements/press/kaiken_2016/kk16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「育休」申請男性議員の不倫疑惑

ワイドショーネタとばかりも言ってられないので、取り上げさせてください。 以前のエントリーで男性代議士、しかも奥様も代議士の場合においての育休取得についてはやや批判的なことを書きました。まあ制度を訴えるために自分で頑張るという気合はほめてもよいと思っていましたが、同じ時期に不倫はいけません! いや、個人的な意見として、「不倫」その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年国債金利マイナス入り!

ついに来ました。因果関係ははっきりしませんが、株も暴落、為替は重要なサポートと思われた116円台前半をぬけ本日115円も割れました。株を売ったり外貨ポジションを落としたりしたお金がとりあえず円金利資産に流れ続けている感じです。 今回の「追加緩和」の功罪についてはいろいろなところで書かれていますが、最大の問題は量的緩和をやりながら金…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

男性国会議員の育児休暇

ちょっと話題になっているようです。おそらく当人のお気持ちは、これだけ必要性が騒がれている制度を国会議員が率先垂範して示すべきだということだと思います。その意気やよし。 ただ、一定の仕事のかたは取れない事がある、という事は認めざるを得ない。極端な例ですが、総理大臣は、上手くスケジュールを遣り繰りするのが関の山で、ワザワザ育児休暇なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPIFとユーチューブ

GPIFさんは最近はユーチューブなども使って広報活動に非常に力を入れておられます。四半期の運用結果の報告記者会見の模様とかもアップされていて、興味深いです。 別の方のツイッターで知ったのですが、三谷理事長が、昨年来の運用方針の転換について説明する動画も24日にアップされているようです。 https://www.youtube.com…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

軽減税率

どうも最初からワタクシの気に食わない議論が世の中で展開されていて、もう好きにして、って感じで放置していますが、それにしても今日の日経新聞がすっぱ抜いた裏話をみると、さらに怒りが増幅してきます。 もともとワタクシは消費税というのが性質上積極的に逆進性を認めるものであり、直間比率の是正という視点では、貧乏人はつつましく暮らせばいい、金…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

GPIFの運用損

日経にも出てますし、ネット系メディアでも派手に報じられています。7.8兆円というのは金額的には確かにインパクトはあります。今年の7~9月は、チャイナショックがあったので、株式系はかなりやられましたね。若干円高にもなって、外ものも多少やられたようですが、基本的には内外株式が下落したのが大きい。 ワタクシは、以前にも書きましたが、もと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノミクスの最終兵器

元々物価目標を立てたのに上がらず、賃金上昇にも結び付かず、ぐだぐだになっているアベノミクスです。5日の官民対話で安倍首相が産業界に賃上げ継続を要請したと伝えられていますが、しょせん物価見通しが後ずれするような環境で企業が強気になれるとは思いません。 このようにぐだぐだになっていますが、某金融系の偉い方とお話しする中で、アベノミクス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無害通航権

昔々、学生の頃「国際法」の講義をとりました。あの時の最大の衝撃的な学びは、国際法という成文法はなく、個別条約の積み重ねであること、国際社会には国際司法裁判所というものがあるが、管轄権受諾をしなければ裁判権に服しないということでした。つまり相当多くの事象が最後は「力によって決まる」という部分として残されている、という事実でした。それはとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イーストランド号の悲劇

金融庁の森長官が香港で講演された原稿が金融庁のホームページで公開されています。 http://www.fsa.go.jp/common/conference/danwa/20151013/01.pdf 残念ながら英文しかないのですが、非常に面白くて、金融庁のトップがおっしゃる内容としてはなかなか刺激的でわくわくします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相とブラックロック

http://jp.wsj.com/articles/SB12537489679309604143004581293982435511592 全くの余談ですが、むかし英国にいたころアンダーウッド(Underwood)というドラッグストアがあって、これって日本名だと森下さんだよねぇと一人で妙に感動してしまった記憶があります。ブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出来レース?

全く何の根拠もないのだけれど、アメリカの大統領選挙は、国を挙げた出来レースではないかと思うことすらある。今回は特に、例のドナルド・トランプ氏の暴走ぶりが面白おかしくメディアで伝えられ、これと対照的に共和党ではフィオリーナ氏の人気が一気に上昇している。民主党ではヒラリー・クリントン氏がそのミスと変節ぶりによって大きく人気を落とす中で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more