テーマ:旅行

ダナンへの旅(夏休みモード)

別に今年の日本の超猛暑を予想していたわけではありませんが、何となく前から夏は東南アジアのほうが涼しいのではないか、と思う面があり、今年の夏はベトナムのダナン旅行を企画しました。結果的に非常に満足度の高い旅行になりました。 まずダナンについて。ご存じの方も多いと思いますが、ベトナム共和国中部の都市です。数年前からベトナムエアが成田か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスク・ボルドーを旅する(休日モード)(8)~帰国へ

まあ最終日は帰国するだけですから、あっさりと。帰路はボルドー空港からパリCDG経由羽田着のAF便です。 ホテルのすぐ近くにバス停があり、そこから空港行きの市バスが出ることは(6)で描きましたが、もちろん途中たくさんの停留所に止まるのですが、多分一番楽でもちろん一番安い手段です。番号1+という路線(時刻表には1と書いてあるかもしれません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスク・ボルドーを旅する(休日モード)(7)~ボルドーぶらぶら

この日は帰国前日で、もともとあまりあくせくしないで市内とかのんびりしようと思っていました。したがって、一切固定の予定は入れておらず。前回ははりきって二日目は現地ツアーに参加してサンテミリオンとか行ったのですが、そろそろワイナリー見学そのものは飽きてきた感じもありました。 ボルドーはそれ自体世界遺産の美しい街です。それに加え、フラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスク・ボルドーを旅する(休日モード)(6)~ボルドーのシャトーめぐり

実は、ボルドーは二回目です。前回もブログに旅行記をアップしました。今回はその雪辱戦みたいなところがあります。というのは、前回メインに据えていたムートンロートシルトが改修中で見学できなかったこともあり、今回は無事見学ツアーの予約が取れたので、再挑戦です。 ムートンロートシルトの見学ツアーは有料で2時間半ぐらいかけてじっくりと製造工程と蔵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスク・ボルドーを旅する(休日モード)(5)~ボルドーへ移動

サンセバスチャンからボルドーへの移動はローカル列車とTGVを乗り継ぎます。国境駅のHendaye(アンダイエ)まではEuskotrenという列車が中央駅ではないところのAmaraという駅から30分に1本出ています。ホテルからは荷物もあったのでタクシーで行ってもらいましたが、わざとかどうかはわかりませんが明らかに中央駅に向かっていたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスク・ボルドーを旅する(休日モード)(4)~サンセバスチャンの一日

この日はサンセバスチャンへの移動です。まず気候。予報ではこの日はバスク方面は35度ぐらいの猛暑日になるとのこと。十分な装備と水をきちんと用意します。 トラムでバスターミナルに近いサンマメスの駅まで乗ります。このバスターミナルから空港やマドリッド行きなどが発着しています。サンセバスチャン行きはPESAという公共バスが30分に1本走らせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスク・ボルドーを旅する(休日モード)(3)~グッゲンハイムとレストランNerua

更に翌日は、ビルバオの最大ともいえる観光資源であるグッゲンハイム美術館へ。さすがに人がたくさん集まっています。有名な玄関前のワンコは季節のお花できれいに飾られています。 中は意外にもフランス印象派やジャコメッティの彫像などの作品が結構あり、割と楽しめました。特別展で、アメリカの映像芸術家Bill Vioraの展示が2階全体で行われてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスク・ボルドーを旅する(休日モード)(2)~ビルバオの街

翌日はまずビルバオ旧市街を見学。ホテルからはトラムに乗るというチョイスはありましたが、まだつかれておらず、30分ほど中心部を歩きながら行きました。旧市街というのは正直言ってあまりよくわからない。地図もあまり詳しいのがないのと、それにこれまで散々ヨーロッパの旧市街というのを見てきているので、それほど大きな感動はない。ということで早々にひき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスク・ボルドーを旅する(休日モード)(1)

バスクからボルドーを旅行してきました。お分かりの通りひたすら飲み食いする旅です。ほかに目的はありません。いずれも情報があるようで少ない場所なので、ほかの人の参考に少しでもなればと思いまして記録のためにも書いておきたいと思いました。 今回はマイルをためてエールフランスのビジネスクラスで往復しました。(一応お断りしておきますが、結構苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうでもいい話(3月ダイヤ改正で生まれるS-Trainについて)

関東のごく一部のローカルな鉄オタのたわごとですので興味のない方には時間の無駄です。 http://www.tokyu.co.jp/file/170110.pdf もうすぐダイヤ改正があり、西武線、東京メトロ副都心線、有楽町線、東急東横線、みなとみらい線という壮大な乗り入れ各社の間で直通で有料座席指定(すわっていける)の新たな急行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のエアライン体験記(年末モード)

先日北海道でも大雪で欠航などが相次ぎ、新千歳空港で中国人観光客が暴れたとかいうニュースがでてましたが、人は寒さと空腹にさらされると生存本能によっておそらく暴れるケースが出てきやすくなると思うので、特に寒冷地の空港は十分な毛布と、簡単な「おこめと炒め物の入った食事」が早めに提供できる用意をされるのがよろしいかと。残念ながら天候理由の欠航は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西武の新「観光列車」のやっつけ仕事感が半端ではない件

もともとこういう感じで定員を絞ってレストラン列車とするということで、自称鉄ちゃん(贅沢乗り鉄)のワタクシは期待していた部分があるわけですよ。 http://response.jp/article/2015/12/17/266370.html (元の公開イメージ) で、このたび公開された写真ですが・・・ http://resp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(休日モード)マイレージ制度の変更悲話

ワタクシが主にマイルをためているのはデルタ航空です。 これまで(いまでも)実はデルタは、ほかのエアラインに比べ日本および東アジアの会員には結構甘甘なプログラムを用意してくれていました。たとえば、ちょっと前まではゴールドステータスの会員は東アジアの会員のみ国際線ラウンジの利用権を与えていましたし、いまではアジアにおいて発行する提携ゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デルタアメリカンエキスプレスゴールドカード(マイルオタクモード)

(これは個人の意見です) 12月にアメックスのページにタイトルのカードの案内が出ましたが、これまでの航空会社系提携クレジットカードとは一線を画しているように思えます。一言で言うと、「ここまでやって委員会?」 年会費は3万円弱とややゴールドとしても高めですが、一般のゴールドカードの特徴と航空会社系でカード利用が自動的にマイル加…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

シャンパーニュ・ボルドーの旅(7)~サンテミリオン、そして帰国へ

翌日はいよいよ最終日です。この日は現地の日本人相手の旅行会社でツアーを申し込みました。一人190ユーロとチョイっとお高いですが、6人で主要なシャトー2か所(試飲つき)とサンテミリオンまで連れて行ってもらえるので、もういい加減疲れている最終日としてはまあふさわしい日程ではあります。 ガイド兼運転手は妙齢の日本人女性Tさんで指輪してたから…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

シャンパーニュ・ボルドーの旅(6)~ボルドー市内と西岸のシャトー

さて、翌日は市内観光。といっても、実はボルドー市内はそれほど見るところは多くないです。まずは教会へ。この教会、何だか見たときから違和感ありました。正面と思われる方向が正面ではなく、確かに入り口から見た外見は左右対称になっているのだけれど、中はまったく違った形。ていうか、半分ぐらい未完成という方が正しいかもしれません。外見も中身もランスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャンパーニュ・ボルドーの旅(5)~ボルドーへ

終わったように見せかけて続くのが厭らしい旅日記・・・ 翌日は移動日。8時過ぎのTGVでランス駅からパリの東駅までまず移動。 そう、シャンパーニュ・アルデンヌ駅だけではなくランス駅にもTGVは止まります。ただ、行きはそういう列車がたまたま無かったというか列車の系統が違うので、シャルルドゴール空港のTGV駅に止まる列車はラン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シャンパーニュ・ボルドーの旅(4)~エペルネ

翌日はエペルネへ。こちらのほうがシャンパンとしては有名かもしれません。なにせモエ・シャンドン(=ドン・ペリニヨン)の工場がある。 朝食ですが今回はアパートメントホテルに決めた時点で、多少の自炊はできると思い、日本からお米とパック入り味噌汁と梅干を持参。ということでここでいきなり鍋でお米を炊くことにチャレンジ。結構うまくできました。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

シャンパーニュ・ボルドーの旅(3)~ランスその2

翌日は前もって予約を入れていたポメリーのシャンパンシャトーへ訪問。小さい町なので本当は歩こうと思えば歩けるんだけれど、時間も迫っていたのでタクシーで。受付でお金(試飲2杯つき17ユーロ)を払ったあとほど無く酒蔵見学ツアーです。 で、お目当ての試飲。2杯セットをチョイス。「先に1杯飲んでからまたお願いします」といって2杯目のときにカ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

シャンパーニュ・ボルドーの旅(2)~ランス(Reims)

さて、シャルルドゴール空港からランスまでどうするか、計画の段階で結構悩みました。あまり新しい情報がないので本当のところがわからない。Reimsで検索していろいろ調べたら、TGVはパリ東駅からしか出てない。空港からパリに入って電車に乗るのは相当時間の無駄だしなによりも渋滞とかあると時間が読めない。でも調べるうちにちょっと前にランス郊外にC…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シャンパーニュ・ボルドーの旅(1)~フランスまでの道のり(休日モード)

(前口上っていうかちょっとお断り) このタイトルのエントリーは金融に全く関係がありません。自分の楽しい旅行の話だけです。本人が楽しみ過ぎているので不快な思いをする人もいるかもしれません。そういう可能性をちょっとでも感じる人は決して読まないでください。 すでにちょっとだけ予告してしまいましたが、遊んでばかりいないで仕事…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欧州の危機

先週は夏休みを取ってフランスに行ってきました。本当は米国のデットシーリングの問題とか雇用統計とかいろいろある時期で微妙なのですが、結論ははじめからわかっていたので、まあどうでもいいや、ということでフランス行きを強行しました。旅行記はまた改めてアップしたいと思っています(え?だれも読みたくない?あっそー・・・でもブログは日記だからかってに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

休暇改革国民会議って?

http://www.asahi.com/politics/update/1216/TKY201012160394.html こういうことをまじめに話し合っているとは驚きました。 この会の趣旨は、観光庁(そういえばそんな役所わざわざ作りましたねぇ)のHPによれば、 国内旅行需要の平準化を図り、新たな観光需要の創出、観光…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ポルトガルの旅(夏休みモード)その2

閑話休題:お酒、食べ物、そして文化 この国はとにかくお酒が安くて飲兵衛天国です。ビール(小瓶)はレストランでも1ユーロちょっと位。大ジョッキで2ユーロぐらいで、スーパーで買えば小瓶で0.6ユーロぐらいでしょうか。もちろん、ワインも安い。上はナザレのスーパーで見かけたワインの値札。安いのだとボトルで1ユーロもしないのですよ。なにこれ?そ…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

ポルトガルの旅(夏休みモード)その1

(お断り:この日記は初めてポルトガルへ旅行したワタクシが一介の旅行者の勝手な思い込みで書いております。間違いとか記憶違いとか理解不足とかいろいろあるとは思いますが、意外に旅行情報の少ないこの国へ今後旅行を計画される人のためにちょっとでもお役にたてればという思いと、せっかくの記憶を何らかの形でとどめておきたいとの思いから記入しております。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ドクターフィッシュ!(休日旅モード)

週末ちょっと足を延ばして遠くの温泉まで行ってきました。そこでたまたま見つけたのがこのドクターフィッシュのお店。要するに人間の足の角質とか疥癬とか食べてくれる魚で正式名はガラ・ルファとか言うらしいのですが。 やっている人の様子を窓の外から見たら、それなりにきゃーきゃー言いながら楽しそうなので、あほなワタクシも1000円払って参加。2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイマーク

個人的には割りと好きですけれどね。最近ちょっと問題続きのようです。 http://www.asahi.com/national/update/0406/TKY201004050464.html エアラインとしては単一機材で座席もきわめてシンプルなつくりにしたりして、コストを削減し、実質大手の半額以下という価格を実現しています。 …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

JALデルタと提携有力(休日モード)

JALについてはやはり法的整理の話が固まってからはいろいろなところでスピード感がでてきたように思います。年金もOBの同意が得られたようですし、新しい経営陣になることも決まり、損失の金額確定も進んでいます。機材のダウンサイズの方向や人員削減の方向が明確になり、新しい会社の方向性が次第に明確になっていると思います。そして関係者の努力でおそら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JALの株主優待券

今日はJALが法的処理の線ではなしがすすんでいるとかいう報道をうけてJALの株が暴落。実際は昨日からでしたがね。こういう問題は最初から結論は見えているのだから、早くやればいいものを、ぐずぐずするから犠牲者や不満がいっぱいたまるのです。 さて、当然のことですが、株主責任ということになれば、少なくとも現状での株主優待という制度そのもの…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more