厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 相変わらずですね民主党

<<   作成日時 : 2006/11/07 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ニュースを聞いていたら、鳩山代表が麻生外務大臣を罷免せよといきまいているらしい。核の議論を封殺すべきではない、という麻生氏の意見に対し「唯一の被爆国」である日本が「非核三原則」を堅持するとしている内閣で「閣内不一致ともとれる」発言は罷免に値するというのだ。
まず「被爆国である」ことが核の議論そのものを封殺すべき理由になるのか?下手すれば唯一の2度目の被爆国になるかもしれないというときに。
非核三原則は現在堅持していても未来に向けた「議論」は必要だ。前にも書いたが「護憲」は決して何も変更すべきではないということであってはならない。閣内不一致といっても行動において異なったことをしているわけではなく、議論を求めているだけである。閣内不一致とか言う前に国民がそういう論点をきちんと把握した上で改めて自民党を選ぶのかそれ以外の政権を選ぶのかというプロセスをとるべきであり、ろくな代案もない民主党の遠吠えにしかきこえない鳩山氏の主張はあまり響いてこないのである。

追記:誤解のないように言っておくが私はまだ核保有は早すぎるとは思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
相変わらずですね民主党 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる