厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKさん、卑怯です

<<   作成日時 : 2007/01/11 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070110-00000018-dal-ent
デイリースポーツの記事である。

紅白歌合戦でDJ OZMAの演出で視聴者から多数の抗議があったようだ。私もその場面をちゃんと見ていたが、まあ確かにあまりほめられたものではないし、紅白という場所に合致していたかどうかは疑問の余地もあるが、べつにNHKが聖人君子である必要はないのだし、特に放送コードやその他ルール上問題ない内容であるかぎり、その内容を云々べきものでもないだろう。

しかし私が疑問に思ったのは、視聴者からの抗議をうけてNHKが本件の責任をすべてDJ OZMAのほうに押し付けようとする意図がみえみえなことだ。

全体的に見て、今回の紅白がお色気路線を意識していたことは「ほしのえみあき」の露出度が高かったことや若手女性ユニットがナマ足をことさら意識的に露出していたという点でも明らかだろうと思われる。DJ OZMAはその路線の延長で採用されたのであろうと思われ、彼が事前に本番ハプニング予告をしていたのも、みえみえのやらせの話題づくりであろう。今回たしかに本番では一瞬「本物の裸?」と見まがうような見事なボディースーツで、その意味では予定通り視聴者を驚かせる効果はあったしおそらく予定のお色気路線は成功したと思う。

私が見るところ、DJ OZMAの演出は完全に責任者の承諾のもと行われている。そのひとつの証拠が「カメラワーク」である。もしあの生々しいボディースーツが予定されていなかったのなら、カメラマンも驚いたはずだ。そしてこれが放送にふさわしいかどうか、プロとして瞬時に判断したはずで、通常女性上半身裸という画像は送らない。ところが、カメラワークはまったく驚いた様子もなく淡々と演技者を写していったのである。

おそらく、これで視聴率ゲットをねらったのが、逆に働いた上視聴者からの抗議までうけて相当慌てふためいたのだ。そのため(もしかしたら何かの「えさ」をぶら下げてDJ OZMAに形式的に謝罪を入れさせ、自分たちの責任ではないことを世に訴えようとしているように思える。

それはないでしょう?

名無しさんご指摘ありがとうございました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
DJ OZMA(オズマ)紅白の動画に異変・・・
大晦日に行われたNHK紅白。DJ OZMAの動画に異変が・・・ ...続きを見る
ユーチューブ(動画)速報!日本語版
2007/01/11 15:29
DJ OZMAの紅白歌合戦
dj ozmaの紅白歌合戦の問題の動画あります。 ...続きを見る
ダDJ OZMAの紅白歌合戦
2007/01/11 18:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
×ほしのえみ
○はしのえみ
○ほしのあき
名無し
2007/01/11 09:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKさん、卑怯です 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる