厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS アサッテの人

<<   作成日時 : 2007/08/19 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ご存知今年の芥川賞作品である。文藝春秋をこのときだけは買う。芥川賞の作品を読むのと同時に、芥川賞の選者の評にまた味わいがあり、現在の文学の問題意識が垣間見られるからだ。

今年の受賞作についてはやや意見が分かれたが、若手や最近の選者にはおおむね受けが良かったようだ。それは作品が表現する人の「アサッテ」感覚が今の時代に共感できたからであろう。ワタクシもかなり共感でき、面白く読めた。

ところで、この選者の一人に某都知事石原慎太郎氏がいる。一読していただければわかるが、この方の選評だけが他のかたがたのとはちょっと違った趣である。あえて大胆な推理をさせていただくと、ほとんど候補作品をまともに読んでいないような感じである。ほかのかたがたが少なくともいくつかの作品について内容に立ち入った評論を加えているのに対し、この方は受賞作も含め「題名」にいちゃもんをつけるだけ。強引に自分の知っている太宰治の知識を連ねてごまかしているようにしか見えない。そもそも都知事にそんなことに神経を使う暇があるほうがおかしい。

おそらくご自身について、人並みはずれた能力があると自己評価を下しているのだろうと思う。申し訳ないけれども、今の東京都の財政状況や経済状況を考えればよほどのぼんくらでない限り都知事は勤まると思う。あまり根拠のない能力を過信されると迷惑をするのは都民である。自信は大事だが、過信はいけない。余計な兼務をせず、十分にその「能力」を都政に発揮してほしいものである。

受賞作についてのコメントも結構的外れだった。早く(少なくとも選考委員は)辞められたほうが世の中のためである。所詮チ●コを障子につきたてたシーンだけで売れた作家が同じような実験的な作品をぼろくそに批判するのはどんなもんでしょうね。
残念なことに、こういう人には何を言っても無駄であるし、なかなか辞めさせる方法もなさそうであるけれど。

ああ、アサッテの人

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ヘンテコな名前の某銀行の問題も早々に処理しないと、都民の負担が増えて大迷惑ですね。このヒトが知事の間、問題が先送りされないことを祈るばかりです。
SOS
2007/08/20 00:25
SOSさんコメントありがとうございます。新銀行のネーミングについては、あれだけ言葉にうるさい東京都のトップが良く認めたなぁと感動していました。もしかしてその方がトップダウンで決められたのかもしれませんが、私の感覚ではあの名前聞くだけでちょっと引いてしまいます。
厭債害債
2007/08/20 06:51
タイトルだけ読んで文句をつけるって、宮本輝の得意技だったのですが、このお方もついにその手で来ましたね。とはいえ、これまでは毎回読んでたと思いますよ。そうそう、前136回は「作品として非常に素直に読めた」などと、青山七恵を持ち上げてるんですよね・・・
元IB現PB
2007/08/20 12:23
元IB現PBさんどうもです。かの方は今年は特にひどかったように思いますね。女性には甘いのかもしれませんが。
厭債害債
2007/08/20 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
アサッテの人 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる