厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラック・フライデー

<<   作成日時 : 2007/11/26 02:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

いつもワタクシが悲観的な話ばかり書いているから今回も暴落の話と思った方は一寸落ち着いてくださいね。それはブラック・サーズデー(1923年株価暴落)とかブラック・マンデー(1987年株価暴落)とかを連想されるからでしょうけれど、ブラック・フライデーは根本的に違う話です。アメリカに住まれたことのある方はご存知だと思いますが、感謝祭明けの金曜日(感謝祭=サンクスギビングは11月の第4木曜日と決まっているので翌日は常に金曜日)からクリスマス商戦がスタートします。このクリスマス商戦というのは、小売店にとって年間の売り上げの4分の一から3分の一20%程度を占めるといわれる一大イベントになります。したがって思い切り力が入るわけでその初日に当たる金曜日は、一大セールイベントとなります。ドア・バスターズとかロス・リーダーズとかいわれる超目玉商品を目当てに客が下手するの前の晩から並び、お店の側もその日は朝の5時とかに店を開けたりする。そうして初日は巨額の売り上げを計上し小売店が黒字になる、そういうところから「ブラック・フライデー」と名づけられたようですね。まあ暗い内から並んでいる顧客のことも少しは揶揄しているのかも。

ブルンバーグニュースを見てみると、今年のブラックフライデーは対前年比8.3%の売り上げ増だったようです。もちろんこれだけで消費は堅調だと思うのはちょっと早計かもしれません。そもそも、ここまで消費を我慢して引っ張ってきた層があるかもしれないし、天候の影響もあるかもしれません。しかしながら、雇用や賃金の状況を見る限り、一般的に購買力がそれほど落ちているとは感じられません。もちろんガソリンの影響などあるでしょうが、一定水準以上の家計にとってガソリン代はそれほど大きな消費抑制要因とはならないと思われます。そういうレベルから上はそもそもはじめから車を大事にするために「ハイオク」しか入れないという人々が多い(ワタクシはずっとレギュラーでしたが別にどうってことなかったですけれど)のですから、ガソリンの値段にそこまで消費がセンシティブであるとは思えない。(その意味でバイオエタノールなんていったいアメリカでどうやって使うつもりだったのか・・・?そもそも車のエンジンを変えてまで使う人がいると思っていたのか?)

というわけで、今後のクリスマス商戦の行方、ちょっと注目してみたいと思います。

(追記)
日曜までの週末の売り上げ平均支出額はやはり前年比で3.5%落ちたというニュースが入りました。さまざまな理由があるとはいえ、お店を訪れる人が4.8%増えたにもかかわらず消費者の財布の紐はやはりかなり厳しくなったのかもしれませんね。「漠然たる不安感」というのが景気には最悪なんでしょうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。その記事で面白かったのは,ShopperTrakという専門会社が,人出をカウントしていることでした。よくこういうビジネスモデルが成立しますね。ところで8.3%は初日だけで週末全体ですと-3.5%だそうですが早くも息切れかな。
EURO SELLER
2007/11/26 07:05
世界を多極化させなきゃいけないのに、まだアメリカウオッチングか?
そりゃアメリカは見なきゃいけない最重要ポイントではあるけど・・・
多極化の中で日本人が示す役割を考えないと・・・
アメリカからの受身だけじゃどうしようもないんじゃないかなー。
kazzt
2007/11/26 10:48
kazztさん,政治学的にはおっしゃるとおりでしょうが,マーケットがアメリカの消費動向を注目している限り,マーケット参加者は好き嫌いに関わらずウォッチングになってしまうのです。
EURO SELLER
2007/11/26 19:56
EURO SELLERさん、コメントならびにフォローありがとうございます。個人的には意外に消費そのものは落ちないと思っているのですけれど、さてどうなりますか。人出が増えて単価が減るというのは、裾野の広い購買行動ということになりそうなので。

kazztさん、どうもです。ご指摘の点もごもっともですが、EURO SELLERさんもおっしゃってますが、どうしてもアメリカの動向が世界のメインストリームである現実、そして今回のサブプライム問題がそもそもアメリカ発であるという事実から、アメリカにおける消費動向は(実はいろんな意味で)重要であります。個人のブログという性格上、とりあえず思いついたまま書いておりますので、すべての部分に目配りできないのはなにとぞご容赦ください。
厭債害債
2007/11/26 22:31
EURO SELLERさん、害債さん、重要さは分っては居るし、実は僕ですら注目はしているんだけど・・・
なんていうか?新しい希望みたいな情報も欲しいかな?
多極化を積極的に形成することでアメリカの苦痛を軽減する、みたいな姿勢もあったらいいなー。
とかいう、希望というか主張みたいなもんです。
僕はどちらかというとアジテーターでなんで、アジテーションを行ったと捉えてください。
いや、分りにくかったかもしれません、すみませんでした。
kazzt
2007/11/28 09:54
初めまして。
追記部分について
今年は暦の都合でサンクスギビングデー(11月第4木曜日)と第一アドベント(11月27日 - 12月3日の間の日曜日)とが連続しませんでした。教会を飾るのは次の日曜ですから、週末のクリスマス気分はあまり盛り上がらない気がしますね。
kumakuma1967
2007/11/28 15:36
kazztさん、どうもです。おっしゃる気持ちは私も共有するものです。どうぞお気になさらずにまた遠慮なく書き込んでくださいね。

kumakura1967さんコメントありがとうございます。なるほど、ツリーなどがないと気分が盛り上がりませんものねぇ。でもこれはまた来週以降に期待が・・・でしょうか?ちなみにサイバーマンデーのネット売り上げはかなり伸びたようですね。
厭債害債
2007/11/28 19:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラック・フライデー 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる