厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 輸入原料炭価格3倍に

<<   作成日時 : 2008/04/09 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

新日鉄など鉄鋼大手がオーストラリアの資源大手BHPビリトンとのあいだで行っていた交渉で2008年度の原料炭価格を1トン当たり300ドル(2007年度実績97ドル)とすることで合意したようです。この辺のいきさつは9日の日経産業新聞に詳しいのですが、要するに世界の需要増と今年はじめごろのオーストラリア東部の豪雨による産出不足で、ほぼ言い値での値上げを認めざるを得なかったということのようです。更に現地での輸送のボトルネックなどもあって増産が必ずしも輸出増に直結しないなどの要素もあり、市場価格の下落も絶望的と判断したのでしょう。

新聞によれば、この結果大手鉄鋼会社の営業利益が丸々吹き飛ぶほどのコスト増(ブルンバーグによれば3兆円のコスト増!)になるとのこと。それにもましてこれはダイレクトに物の値段に跳ね返ってこざるを得ない要素のひとつであり、モノが入らない状況によっては様々なメーカーの減産によって景気の足を引っ張りかねない事態であります。

まあこの辺の話は株価には織り込み済みということなんでしょうが、やはり現実にこのような数字を突きつけられると、割安な物価連動国債でも買ってみようかというスケベ心が湧き上がる今日この頃です。

話は変わりますが、この物価連動国債イマイチ人気がない理由の一つに元本保証がないこと(つまりデフレになると元本が減る)が上げられるのではないでしょうか?この点米国のTIPSは元本保証がある。もちろん世界ではどちらもありなんですが、日本人の安全志向からみて元本保証というのは大きなポイントだったと思います。スタート時点がデフレでゼロ金利という問題はありましたが、商品性を多少考え直してもいい時期ではないかと思っております。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
食い物から感じるインフレ・・・消費者志向と独禁法の枠組みを乗り越えるインフレということなんでしょうな
このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。 身近なものか ...続きを見る
法務の国のろじゃあ
2008/04/10 11:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
原料炭の大幅値上げのニュースは随分昔に飛交ったような記憶がありますね。この所の新素材開発スピードは目を見張るものがありますから、ここ10年位を見れば産業構造が随分変るのでしょうね。炭も燃やすのではなくもっと付加価値の高い使われ方になっていくような気がします。それにしても、金融界の人は全てに鈍過ぎますね。まあ、困った時に貸してやるという意識が強すぎるのでしょうね。輸出産業のようにコスト削減が絶対であれば、こんな安気な事もできないのでしょうが。その内、尻に火が付いてから分るのかも知れません。三越も伊勢丹と一緒になった如くですよ。
hbar
2008/04/10 07:17
おはようございます。
石炭ですが、先週こんな記事ありましたよね。tp://www.nikkei.co.jp/news/main/20080403AT1D2406F02042008.html まだ国内でも商業ベースで掘ってるところあるんですね。
原子力発電が諸問題をクリアーできず、十分に稼動してしない現状では、石油・石炭フル稼働でしょうから鉄だけでなく発電のコストが跳ね上がり、産業界だけでなく一般家庭に影響を及ぼすのも時間の問題ですかねぇ。パン・蕎麦だけでなくハイパーインフレも冗談ではなくなってきてますね。
物価連動債は、先週の15回債入札もいまいち盛り上がりませんでしたよね。ゼロクーポンのインフレーションスワップなんか見ると年初と比較して約30bp下がってますから今がチャンスかと・・・・
とうとう6のLiborが大台に乗りましたね、今朝会社来て驚きました。


物価
フレッド
2008/04/10 09:24
hbarさん、どうもです。新聞記事をきっかけに書いてみたものですので、まあ物知りのかたがたには既知のお話としてスルーしていただければ結構かと思います。

フレッドさんどうもです。アメリカで原油高によって石炭が急激にもてはやされたように、日本でももしかしたら炭田再開発がありうるのでしょうか?
個人的には物価連動はそろそろ出動時期かとおもっております。

厭債害債
2008/04/11 00:14
こんにちは
TB二つほどさせていただいちゃって申し訳ありません。
物価連動国債・・・国民にとっても必要ではないかと。
証券化の枠組みが動きが早いのをろじゃあは気にしてます。
早いのはしょうがないにしても、間をすっ飛ばすと枠組みがゆがみそうで。
米での最近の枠組みが、最新の厭債害債さんの負債の時価評価との話とかがってこその時価評価の枠組みかもしれないわけで。
とりとめなくてすいません。
ではまた
ろじゃあ
2008/04/11 09:18
ゼロフロアーを付けることによるオプションプレミアムは許容されますかね?

実質的に10年債で元本割れ なんて無いと思いますけど。
tips大好く
2008/04/12 00:58
ろじゃあさん、どうもです。ろじゃあさんのところでもご紹介いただいたみたいで、恐縮です。物価連動国債も環境さえよければ個人にも売れるはずだと思いますよ。昨今の金融危機への取り組みについては、一部だけいじるとあちこちでほころびが出そうなので、時価評価の問題も含めてかなり大掛かりな手術が必要になるかもしれませんね。

tips大好くさんコメントありがとうございます。ご指摘の点はたしかに今の金利物価水準だとなかなか難しいし、とりわけ個人には魅力のない商品とうつりかねません。ただ、分散投資を前提とする機関投資家の立場からは、これはTIPSの例ですが、フロアを払ってもリスクリターンをあげられる可能性があり、実際米国の債券ファンドでは多少は組み入れるのが一般的だと思われます。
厭債害債
2008/04/13 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
輸入原料炭価格3倍に 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる