厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ムーディーズ、日本を格上げ

<<   作成日時 : 2009/05/18 17:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 4

ムーディーズ(格付け会社)は日本政府の自国通貨建て債務(一般には日本国債)をAa3から1ノッチあげてAa2にした。一方で外貨建て債務格付けはAaaから2ノッチ引き下げてAa2にしたが、もともと一部の政府機関の政府保証債ぐらいしか外貨建て債務はないので、実質的には格上げのインパクトのほうが大きい。

これを見た関係者の疑問はおそらく次の2点に集約されると思われる。
1. なぜ今後政府債務のGDP比がますます拡大してしまう日本を格上げするのか
2. なぜこの格付けアクションをやる前に米国債などの格下げをしないのか

1、についてはIMFの想定でも2008年にGDP対比約2倍と見られる政府債務は2010年には2.2倍以上に拡大すると見られており、むしろバランスシートの悪化が予定されているから、その面からは本来格上げではなく格下げではないか。実際事前にプレス発表の予定がアナウンスされたときは関係者は「すわ格下げか」ということで円安になった。

2.については、皮肉なコメントとして「アメリカ格下げしたくないから、日本を格上げして相対的な差を埋めたんじゃないの」という声があった。

一応ムーディーズの一つの言い分としては、外貨建てと自国通貨建てが違っている状態が、今回の金融危機で合理性がなくなった状況への対応、という技術的なものらしい。関係者も技術的なものとして割り切っている人が多いようだ。が、それならば格下げはあっても格上げはないのではないか?格付けというのは別のものと平仄を合わせるためにあげたり下げたり出来るほど、それほど適当なものなのか?

ワタクシなりに日本の格上げを正当化するなら、国債の国内消化可能性ということである。つまり、日本においては、高齢化により成長産業が育ちにくく、とりあえずは企業も資金需要が薄れるため、1500兆とも言われる家計の貯蓄がさまざまな経路を通じて国債へ流れやすくなる。現にこれだけ将来の国債増発が懸念されている中で、今この時点の市場の雰囲気は、中短期ゾーンのバンキングセクターからの「買い遅れ」感である。対GDP比だけ見れば日本は先進国の中でダントツに悪いが、ある意味ホームバイアスという強い味方をカウントしなければフェアではないということだろう(ホームバイアス自体が良いか悪いかは別次元の問題)。そういったことも含めてデフォルトする可能性が低いと判断できる可能性はある。

しかしながら、ムーディーズの前回の格上げ理由が「継続的な財政再建期待」であったことも考えると、格付けのご都合主義という香りはどうしても否定できない。それも加味すれば今回のアクションの真意として「アメリカ格下げ防波堤」説が現実味を帯びてくるように思えるがどうだろう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
米国の深刻さ如何ばかりですね。GMの破産法申請に続いて、AIGもそうなるのではないでしょうか。相場感覚としてはそう捉えるのが当り前のように思いますが、ダブルパンチでどれだけの中小企業が駄目になるか悲惨ですね。米国再建はドルの大幅切下げをした後で、厳格な市場統制が必要でしょうね。
その上で頑張って貰わねば。
Hbar
2009/05/18 20:43
市場関係者の心理的なムーディーズへの格付けが(また)下がったりして
これで
2009/05/19 23:44
まぁ、むかしっから、MoodEaseな格付けでしたからねえ。
こいつら本当にバチカンより神学論争好きで、ゴタクをならべて、今頃になって「地動説」や「進化論」を認めた、というカンジ。
お伊勢参り
2009/05/20 18:06
Hbarさんどうもです。米国自体の問題は大きいですね。
これでさんコメントありがとうございます。もともと心理的格付けは極めて低いですが、まあメディアと同様事実上の権力者、という位置づけでしょうかね。

お伊勢参りさん、どうもです。MoodEaseというのは面白いですね。昔も一度米国債の格下げトークがありましたが、まあ一種のアンカーとして事実上無理なんでしょうね。
厭債害債
2009/05/21 06:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムーディーズ、日本を格上げ 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる