厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ユーロサム社会

<<   作成日時 : 2010/06/02 13:28   >>

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 4

レスター・サロー教授が約30年前に出版し、日本でも1981年に邦訳が出ている「ゼロサム社会」という本に描かれているのは、その集団の中のある部分の利益がほかの人々の不利益によってまかなわれ、利益の総和がゼロとなってしまう社会のことです。今まさに低成長で富の分配のあり方にこれまで以上に注目が集まるのは、こうした時代背景ではゼロサム性がより強調されるからであります。

ユーロ圏も今の状況はバブル崩壊後の低成長の元、ある主体において生まれた損失をどこかの主体が埋め合わせることでしか均衡が保てなくなっているという問題であります。ゼロサムというかユーロサムというか。具体的に言えばギリシャの損失はドイツが埋めるしかない。ユーロと言う運命共同体を作ってしまった以上、当事者はそれについて文句を言ってはならないと思うのです。

埋め合わせる側の不満を抑えるにはその主体がよその主体の損を埋めてもなお大きな不利益が生まれないような流れを作ることです。第一に共同体全体の利得を大きし、第二にその中で「損を埋め合わせる側」の取り分を大きくすることです。ユーロ安はそうした目的にかなうものとなりそうです。

ただし、問題は世界的にもとりわけ先進国で成長が落ちているなかで、ほかの国がユーロ安による経済へのマイナス効果をどこまで許容できるのかという、より大きな枠組みでのゼロサム問題の解決となります。

レスター・サロー教授によれば、こうしたゼロサム社会における問題の「解」は「決意」以外ありません。つまり、その配分をどうするかを決める政治の決意ということです。たまたま今日お話を伺う機会があったフランス系の関係者もまったく同じ事を言っていて、「WILL」の問題だと言ってました。超低成長の時代が一般化したときに、経済に占める「政治の意思」の重みはますます増してくるという、まあ当たり前のことなんですけれど、これを今のヨーロッパに当てはめると、そういう「政治の意思」を欧州内の国境を越えて速やかに示し実行していくことができなければ、不安が高まり、いずれは仕組みの存続にかかわる問題になると思われます。欧州危機の真の解決はまさにそういう「政治の意思」を取りまとめられるリーダーシップが出てくるのかどうか、にかかっていると言っても過言ではないと思います。とはいえ、どういったリーダーを選ぶかは依然としてそれぞれの国民にかかっている。結局前に書いたこととほとんど重複してしまってますが、ユーロ圏におられる有権者の皆さんに、自分たちの置かれている社会がユーロを使っているという意味についてもう一度きちんと理解してもらう努力が必要なのだと思います。

(追記)
市場参加者としては、どうしてもユーロの仕組みについて懐疑的な立場を崩せないのですが、市場の要素を少し離れた立場(ワタクシも多少理想主義的なところがあるので)からはまだ希望を捨てていません。マズロー博士の欲求階層説によれば人間と言うものがもっとも優先する欲求が「生存欲求」ですが、EUなりユーロの仕組みの最も根源にあるのが大戦で多くの死者を出したことの反省、すなわち「生存」への希求であることは間違いなく、そこに立ち返れば、多少の経済や金銭面での妥協は成り立つし、現にこれまでの話し合いの中で多くの折り合いを成り立たせてきたわけです。

ただ、問題は時間が立てばたつほど、大戦の原体験の保有者が少なくなってきて、本来の強い動機に立ち返ることが困難になってきていることでしょうか。やっぱりだめかな・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[ねた]ユーロサム社会
ヤフーの掲示板で、その当時はユーロの誕生から基軸通貨の行方がどうなるかといったことも話題になっていた。 ユーロ圏も今の状況はバブル崩壊後の低成長の元、ある主体において生まれた損失をどこかの主体が埋め合わせることでしか均衡が保てなくなっているという問題であ ...続きを見る
ookitasaburouの日記
2010/06/02 23:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ギリシャってそんなに問題ですかね

例えていうのなら、大企業の連結子会社で粉飾している問題児がいたということです。
たとえその子会社を清算することになるといっても、連結財務に与える影響は軽微です。
なぜ親会社の株価がそんなに暴落するのでしょうか?
何か邪な力が掛かっているようにしか思えません。
個人的にはユーロの枠組みは成功して欲しいと願っています。
一地球人として。
348ts
2010/06/03 16:39
ギリシャが問題なのではなく、ギリシャ以外の国(子会社)でも問題が発生するのではないかという疑念を投資家が抱く状況になっても、なお親会社(の主要メンバーが)がその問題を解決できない、あるいは共同で解決するという確固とした意思を確認できないことが問題なのだと思います。
どうもメルケルもサルコジも、コール、ミッテランの意思・精神を共有していないように思われます。

ドラクマ
2010/06/09 20:12
ゼロサム社会懐かしいですね。その前に成長の限界でしょうか。この場合は地球上における人類の成長限界という意味でないと解釈いたします。
さてユーロの中でゼロサムある意味、ちょっと極端ですが、最近はやりの徳川幕藩体制の鎖国的な意味あいを感じます。という意味では日本人がだめだという以上に彼らは世界に出たほうがいいんじゃないですかね。
かる
2010/06/09 23:06
348tsさんどうもです。ワタクシも一地球人としては同様に願っております。
ドラクマさんコメントありがとうございます。首脳が精神を共有していないという面もありましょうが、それ以上にそもそも民衆が共有していないことが問題かもしれないと思います。
かるさん、どうもです。幸いなことに外部経済から通貨安を通じてまだ利益を移転させられるので、何とかなるかもしれません。
厭債害債
2010/06/19 15:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユーロサム社会 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる