厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 休暇改革国民会議って?

<<   作成日時 : 2010/12/17 00:09   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 6

http://www.asahi.com/politics/update/1216/TKY201012160394.html

こういうことをまじめに話し合っているとは驚きました。

この会の趣旨は、観光庁(そういえばそんな役所わざわざ作りましたねぇ)のHPによれば、

国内旅行需要の平準化を図り、新たな観光需要の創出、観光産業におけるサービス向上や雇用の安定化、またこれらを通じた地域経済の活性化を図るため、関係府省との連携のもと、休暇改革に取り組んでおり、具体的には、大型連休を地域別に分散して取得する「休暇取得の分散化」を提案しており、各界からの御意見を丁寧に頂戴しているところです。休暇改革は、休暇のあり方を見つめ直し、再構築を図るものであり、国民生活全般に関わることであるため、その推進に当たっては、国民的・社会的な気運が高まり、休暇を取得することに対する国民の意識が向上することが必要です。
 このため、休暇改革に関して国民的コンセンサスを形成するとともに、休暇取得の促進・分散化に向けた国民運動を推進するため、国民各界を代表する委員から構成される「休暇改革国民会議」を立ち上げるとともに、第1回会議を開催いたします。


とのことです。

休暇の改革?全くわけわかりません。ワタクシは休暇そのものを役所にを改革してもらいたいなどと思ったことは一度もありません。休暇の分散化を議論するためにわざわざ何十人も集まって議論するみたいですね。現行でも有給休暇の権利は保障されているので、上司や会社の覚えが悪くなることを覚悟すればいつでも取れるのですが、そんなことは事実上できにくいというのがほとんどの人の意見でしょう。すなわち、それは、こういう問題が休暇の方からアプローチするのではなく、労働関係からアプローチすべきテーマであることを示しています。休暇の集中は結局同じ時期しかみんな休めない(休暇が取りづらい)という労働慣行の問題なので、休暇の方からアプローチしようとしているこういう会合自体はっきり言って趣味の世界だし税金の無駄遣いです。

そもそも休暇の分散化が本当に必要なんですかね?(人が出ているところに行きたいっていう気持ちもあるでしょ?子どもの学校もあるでしょ?)ていう疑問はさておくとしても、本気でやるなら一定の人数を雇用している事業所に法律でコンプライアンスリーブを1週間でも義務付けてあげれば大分違うはず。その分有給休暇を減らしても文句はそれほどでないと思いますよ(病気の時にコンプライアンスリーブを流用できればなおよろしい)。とにかく、随分昔から言われている問題なのに、休日の並びを変えたりしてもこの問題が何の進展をも見せていないこと自体、休暇サイドから議論することの無意味さを表していると思います。

この会議のメンバーを見ても、どうせまともな突っ込んだ議論ができそうにないことは明らかです(って大体こんなに人数増やしてどういうつもりなの?)。会議の場所も某高級ホテルの会議場みたいですし。(どうして役所の建物じゃだめなんですかね?)イヤー日本(の役人)はまだまだ平和ですねー。こういうのって、一生懸命やっているつもりがその存在自体の無駄さを証明してしまうので、仕事はよく考えて作った方がいいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本は破綻しない。さぁ、オレ達の時代がやってくる
Tweet リフレ派、財政拡大論者はいつも楽天的だ。 いわく、国債を大量に発行しても問題はない。日本には大量に貯蓄がありその貯蓄で国債は十分に消化できる。政府試算だってたくさんあるから大丈夫だ。最後はリフレ政策でインフレを起こせば国債の負担は少なくなる。 ...続きを見る
ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思...
2010/12/17 03:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なんかやっていないと叩かれる、
アリバイをつくっておかないと・・・
そんな恐怖心でもあるんでしょうか? (^^)

なんでもお国のせいにしたがる国民性が、
原因の一端になっている気もします。
mushoku2006
2010/12/17 08:27
http://www.mlit.go.jp/common/000059747.pdf
※観光庁の資料です。 
 「星野 分散休暇」とグーグル検索しても出ます

以下、PDFの中身
1.国内旅行の規模は大きい
 2007年で自動車業界の半分程度
2.国内旅行市場は安定している
3.旅館などの生産性は高くない
 →繁閑の差が問題
  →固定スタッフを取れない
  →どこも満室になり、
   事業者が頑張っても頑張らなくても変わらない
⇒需要を平準化することにより、
 競争を促進し、観光業の生産性向上
 外国からの観光客も呼び込める

みたいな感じらしいですよ。
学生
2010/12/17 16:11
有給の消化のような、
働いている側の都合ではなくって、
観光業側の都合で、分散化してほしい、
という感じみたいですね。
良く知りませんけど。
学生
2010/12/17 16:14
あ、すいません。
単純に分散化しても有給が取れる人ばかりではないので、
「労働関係からアプローチすべき」という事ですね。
その辺りを関係各位と話し合っているのでしょうが、
アンケート見ると惨憺ですね。
でも、確かに競争を促進する必要はあるのかなー、という気はします。
学生
2010/12/17 20:56
個人的には、学生さんが指摘されている、旅館(特に地方。話を聞いてると発狂するくらい低い)の生産性改善の部分に注目しています。数少ない、まだ将来に期待が持てる輸出産業の一ではあろうと思います故。

労使の方からアプローチせんかい、という後主張はもう全くその通りだろうと思うのですが、いつまで経っても一向良くならない問題でもありますし、筋論は別として、いろいろ検討してみるのは面白いと思っております。できれば赤プリ以外の場所で、もっとましなメンツで。
ずんちゃか
2010/12/18 12:30
mushoku2006さんどうもです。お役人さんや官庁がふえると仕事を増やそうとするのはまあ当然といえるかもしれませんね。
学生さん、コメントありがとうございます。おっしゃる通り、観光産業側からのニーズも大きいのだとおもいます。とはいえ、もともと国内需要が乏しく海外からの需要が逆に盛り上がる中で、日本の休暇の分散がどれだけ効果的なのか、と言う疑問はあります。
ずんちゃかさんどうもです。有望輸出産業というのは全くその通りなので、逆に日本の休暇の分散がどれだけ効果があるのか?という疑問があるのです。コンプライアンスリーブを法律で強制すれば、間違いなくみんな異なる時期に有給を使うことになると思いますが。
厭債害債
2010/12/20 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
休暇改革国民会議って? 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる