厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ムーディーズが日本国債の格付けについてコメントしているようですが

<<   作成日時 : 2011/02/10 18:45   >>

ナイス ブログ気持玉 61 / トラックバック 1 / コメント 8

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110209/k10013960481000.html


サブプライム問題のバブルとその崩壊の張本人といっても過言ではない企業が、結局その後遺症で財政出動を余儀なくされている面がある(ある意味その格付けの被害者である)国家の格付けについて記者会見まで開いてコメントするなんぞは茶番あるいはジョーク以外の何物でもありません。まあそれでも(一応)民間企業らしいですから商売としてそういう情報を流してそれを有料で購入するお客さんがいらっしゃることについて、当事者でないワタクシなどがコメントを挟む余地などないですし、まあ格付けも格下げも勝手にやってくれればいいと思いますが、カチンとくるのは、生意気にも記者会見などやってしまうのですね。格付け行動やコメントだけならショーバイだからまだ許せるのですが、いったいどの面下げて人前でわざわざ記者会見などやってエラソーなこといえるのか、キミらには恥じるということがないのか、と百万遍ぐらい問いただしたい気分です。以前ワタクシのエントリーでも紹介したように、数字の操作までやって格付けを水増ししていたと疑われているケースもあったわけで、そういう団体が国家の格付けするなどやはりあつかましいとしか言いようがないでしょう。普通の神経なら恥ずかしくて人前にはまあ出られないという自覚がまったくないのが恐ろしいです。ともかく、騒ぎを起こした張本人である以上しばらくだまっとれ、といわれるのが筋というものでございましょう。

もちろん前回エントリーでいらん想像したように、政府当局者を巻き込んだ陰謀という可能性もあるのですが、それはそれで、S&Pのときも同じですが、もう少しまともな相手を巻き込んだ陰謀をやってほしいのであって、これは単なる煽りというか陰謀としても大変筋の悪いお話でございます。

そして、こういうのを全国放送してしまう放送局も完全に同罪でございます。こういうことするから図に乗る・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 61
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
女性は大きな政府がお好き?
Tweet という研究結果があるらしい。↓ Women: Can't Live With 'em, Can't Live Without a Welfare State ...続きを見る

2011/02/11 05:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まったく同感です。
体よく言えば「格付け機関」ですが、とどのつまり「競馬の予想屋の化け物」みたいなものでしょう。
いまだに英米トリプルAですし、相撲の八百長なんてかわいいものです。
そもそもサブプライム関連でトリプルA商品が大暴落してリーマンショックを引き起こしたわけですが、どの面下げて会見などやるのでしょうか・・・

そうそう、昨日購入した外資系仕組債のパンフレットには、「ムーディーズ・S&Pは日本の金融商品取引法において認証された格付け機関ではありません」とあり、契約時にわざわざ担当者から読み聞かされましたw
苦笑するしかなかったです
コナン
2011/02/10 23:58
いつも冷静な厭債害債さんが久々の激情。
本当にそうですよね。
格付け機関だけではなく、ゴールドマンもシティもJPモルガンもゾンビのように蘇りました。
今度こそ完膚なきまで破綻してしまえ〜!
って気分です。
Eishin
2011/02/11 22:56
自分の企業の格付け評価はやっていないのでしょうか?
格付け会社の格付け一覧というのも見てみたいものです。

経済に与える影響が大きいならば、格付け企業の透明性をもっと重要視した方がいいのでは。とも思います。

フィードバックは機能してなさそうですね。
maru
2011/02/14 09:53
コナンさんどうもです。格付けの位置づけが米国側のルール変更の影響をうけて最近かわったので、日本でも認証格付け業者でないという扱いにしているようです。

Eishinさんどうもです。結構冷静に書いたつもりですが・・・そのように見えたのであればワタクシの不徳の致すところです。

maruさんどうもです。かなりの優良企業ということで、格付けは必要ないみたいです。
厭債害債
2011/02/17 01:52
maruさんが仰る「格付け会社の格付け」は、企業としての収益や財務体質ということではなく、格付け(=デフォルト率の予測)のその後を追跡することではないでしょうか?

そもそも格付けは、「今後○○年内にデフォルトする確率でランク付けする」というような説明があったと思いますが、だとしたら、○○年経たないうちに格付けをいじること自体が、格付け行為の信用を落とすことだと思います。

サブプライムの時なんて、最上位から一気に投資不適格に変更だなんて、悪いジョークとしか言いようがないです。
お染
2011/02/17 18:49
お染さん、どうもです。おっしゃる通り格付け会社による格付けというのは、一定期間内のデフォルト確率によって基本的に決められているはずです。まああえて言い訳するなら、企業自身や外部要因によるダイナミズムで当初予定されない要素が加わるため格付けも変更されるということでしょうが、おっしゃるように最上位から投資不適格などの変更はまあそれ自体格付け会社の「債務不履行」に近いのですけれどね。
厭債害債
2011/02/18 00:12
さて、いつものように本邦経済マスコミは、いつのように、過去を反省しもせず、格付けだけで大騒ぎ、ちなみにいまでも、ボツワナは結構高格付けですが。でこれもかって格付けで、いまだに米国債はさー。ちなみにA−とBBBでは、あなたはこの差の経済額的な根拠を将来的な「予想」を含めて何を感じますか。
karu
2011/03/03 01:14
karuさんどうもです。どうしても格付け会社の経験の浅い担当者の主観が思いきり入っていて、これをことさら取り上げる意味がよくわからないのですよね。
厭債害債
2011/03/08 00:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムーディーズが日本国債の格付けについてコメントしているようですが 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる