厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 受信料の対価

<<   作成日時 : 2012/03/22 01:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

きょうたまたま深夜にNHKで衆議院総務委員会でのNHK予算審議を録画で放映していて、みるともなしに見ていたら、ある議員と川端総務大臣との質疑応答が結構興味深かったのでメモ。

議員はBSで未契約の世帯について受像機に表示されるメッセージ(要するに早く契約してくださいというメッセージ)について取り上げており、技術的にスクランブルがかけられるのなら、そうすればいいのにどうしてそうしないのか?という疑問を呈していた。

これはある意味非常に厳しい良い質問である。いうなれば、それを認めれば、NHKは「見ないからお金を払わない」選択があるということになるからだ。

この辺は総務大臣もしっかり理解していて、放送法の規定で契約義務があることを踏まえてそういうことができないという答弁だったのだが、その流れの中で「契約の対価としての受信ではない」という趣旨の発言をしていた。ワタクシ自身はもともと放送法の規定が近代法の原則に大いに違背しているしもしかしたら憲法違反の可能性もあると思っているのだけれど、「対価性」がない契約なら、そもそも英米法だと契約として拘束されないのでは?とか思ったりしたので、この答弁は大変興味深かった。受像機の設置は消費者がすべて費用を負担していてNHK側には費用が発生していない。受像機設置だけで契約義務が生じるうえに、コンテンツ受信の対価ではないとすると、総務大臣やNHKは受信契約の対価は一体何だと思っているのだろうか?それとも対価のない契約でいいと思っているのだろうか?

最大の不満は、結局この質疑があいまいなままで終わってしまったことだ。この点を突き詰めれば非常に大事が議論ができたのだが、これはきっとやらないお約束だったのだろう。こうやっていつも最後の議論を詰めないから日本は良くならないのだろう。

ワタクシはコンテンツの優れているNHKにお金を払う用意があるしそのつもりで払っている。また公共性があるという理由で税金で取ることも許されると思う。NHKの問題は、彼らが民間でも国営でもない非常に中途半端な存在であるということだ。英国のように国営ならTVライセンスという形の税金で賄えるし、米国のように完全に民営ばかりだと、完全にケーブル契約などに集約してビジネスを構築できる。日本のようなやり方は議論を避けつつカネだけとるという、ある意味非常にずるいやり方とも思える。せっかく議論する機会があるのに、きちんと詰めることもせず、何十人もの人間が高いコストを払って集まっているのは、非常に滑稽であり無駄であると映った。

また余談だが、別の人の質疑で朝ドラ「カーネーション」の主役だった尾野真千子さんが映画監督の河瀬直美さんにスカウトされてようやく日の目を見たということを知り、個人的にとてもうれしくなった。どうでもいいことですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私は今の今まで、
NHKの受信料は、「コンテンツ受信の対価」だと思っていました。
そして、かねてより、なんでBSにスクランブルをかけていないんだろう?と、
ぼんやりと疑問に思っていて、
NHKの受信料徴収員にそう言ったこともあったんですが、
ようやく疑問が氷解しました。
そういう論理だったんだ・・・・・・
しかし、それはそれで釈然としないなあ・・・・・・
mushoku2006
2012/03/22 08:25
尾野真千子さんは、以前NHKのドラマ(2-3時間くらいだったかような記憶があります)で作家にセクハラされる編集者役をやっていて印象的でした その流れでの連ドラ起用だと思ったのですが・・・ 監督さんが同じなのかな?
健冒症
2012/03/22 11:30
受信料は電波を受ける料金であって、映像コンテンツに対する対価ではないということでしょうか。
受信機器が揃っていれば電波受けているから契約義務があるという法律なんででしょうね。
だったた受信機の製造時又は販売時に製品耐用年数分を固定で徴収して、早期故障などは解体証明で残存年数を返却とかすればいいのではないでしょうか。
いちいち徴収する人件費などのコストも掛からずに済みます。
しかし、実質公営組織で、お役所単年度会計が染み付いており、お金を前取りして長期的に運営するような経営システムなどとてもできなさそうではあります。

少し話は変わりますが、地上波の地デジ化もいろいろと深い闇があったようですね。
地デジ難視対策衛星放送ということで、離島などではBS放送で地上波が全て見られます。
ということは、あんな仰々しい大移行イベントなど不要で、地方局はアナログ放送、全国放送はBSデジタルという形で、低コストで運営できたはずなのです。
違法blackcasカードが話題になった時に、東京の面白い民放が見られない人たちが、お金払ってでもいいので難視聴者向け受信をさせてくれないかと希望していまして、違法でも首都圏の民放無料コンテンツを視聴するために買いたいといっていました。
技術的に受信させられるが決してさせない。
ローカル局の経営保護などを考慮した結果なんでしょうが…
民放は合理的かと思えば、こういうケースでは莫大な不効率を生み出すのですね。
寡占市場の国家保護産業だから仕方がにあといえばそれまでですが。
コナン
2012/03/23 12:39
mushoku2006さんどうもです。受信料徴収員は詳しいことをきちんと説明できる人はほぼ皆無とみてますが、どうでしょうか?

健冒症さんどうもです。尾野真千子さんは、萌の朱雀でデビューし河瀬監督の2作目にもヒロインで登場したようですね。NHKのドラマはそのあとではないかなと思います(ちゃんと調べてません。すみません)。ただ、おっしゃる通りNHKは自分の意に沿う役者を使い倒す傾向があり、先のドラマで評判が良かったことが今回の主役につながったということでしょうか。

コナンさんどうもです。放送には巨大な利権が付いているというのはきっとその通りなんでしょうね。本当にBcasといい受信料といいなんでこういうややこしいやり方でしか商売できないんだろうと思ってしまいます。
厭債害債
2012/03/26 01:12
イツモスミマセン。ガ今回はNHKのコンテンツについてですが。民報のジャニーズ、吉本独占的な、放送体制はまさに、北のおばさん放送と同じ違和感を感じている親父は私だけでしょうか。
基本的に日本の放送マスコミ業界は、独占的なコンテンツをていきょうしながら発展してきているので否定的なことはいいません。
まーそんな中で、しっかりたコンテンツをアホ国民に迎合しない中で、ていきょうし続けた国営放送は、ある意味日本の良心とおもっています。ハイ。
でそんな利権ってAKB48を民間大使として派遣できないアホ政権はどうなのでしょうか。
BBC=NHKくらいの評価は私はもってますがね。
カル
2012/03/29 22:40
まー地上はで、プロ野球やらないように、国会中継もBSでいんじゃないでしょうか。NHKも国から金もらっている以上、馬鹿な国会中継もしなくてはいけないとすれば。ただで馬鹿放送を垂れ流して、国民をアホにするという放送マスコミの原点のかえるべきですね。
かる
2012/03/29 22:48
平の清盛はある意味こうし津批判なんて、誰もいわねーか。あはは。
かる
2012/03/29 22:53
NHKの受信料は、対価でありませんよ。
契約自体が片務契約ですから、寄付する契約です。
片務契約であることは、NHKが裁判で言ってますし、形態的にも間違いありませんね。
mumu
2012/04/14 16:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
受信料の対価 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる