厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS どーでもいいけど(独り言)

<<   作成日時 : 2013/02/18 10:52   >>

かわいい ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

・Competitive devaluationは「通貨の競争的な切り下げ」とか「競争的通貨切り下げ」とかではなく「競争を目的とした通貨の切り下げ」と訳すべきではないかなぁ?
(今のままの訳だと各国が「競いあうように」切り下げるニュアンスが強すぎるような気がする)

まあ、こういうことばっかり普段から言うからワタクシは嫌われる・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
通貨切り下げ競争は『devaluation competition』でしょうね。
政権が代わってからの国内での報道で外国政府や国際機関の発言についてあとから「そんなことは言ってません」と否定されるケースが目立っています。まさか話しのウラを取らずに日本語での取材だけで記事にしているとは思いたくありませんが。
欧州駐在@今年はいつまでも寒いです
2013/02/24 05:17
通貨戦争はアホマスコミの言葉なので、意味ありません。国内経済な対する金融緩和の結果して期待形成されただけですね。まさに市場が語った結果に対して政策当局が責を負うなのて、ありえねー。南無
かる
2013/02/27 21:17
ここで何回もいって、いるが経済政策、特に金融緩和の根本は期待形成なんだよな。浜田先生が、いって、いるように、本来それを担うべき、日銀と報道が反対に動きこの様、頼むよ今回は。後は能無しの日本の経営者が、賃金あげんとな。株主利益とかいって、成長した企業ねーだろ。国民経済は循環、社員イコール消費者わからねーか、これが金融緩和から成長に変わる決めてだっいてたよな。
かる
2013/02/27 22:06
マスコミによって、経済政策論が陳腐化されて国民に伝われる恐ろしいことを、この国は20年やりました。
景気後退かで、金融財政あとおしなしの増税、根拠なきJGBの暴落だの
経済政策が、経済学の延長線上にありこの100年かん学者達が、万民の幸せを考えた結果だとして失敗してめ馬鹿マスコミとあほ政策当局にその失敗を批判する資格なしだな。
まー成長戦略は30年のタームなのに、来年を語る奴らは。
かる
2013/03/13 23:08
確保撃破のマスコミ戦略、さっきは復興に財源導入すると、他が影響受けるとかいってる古舘レベルのマスコミ、ま、日経も馬鹿記者ばかりなので、経済わかっとラン。私も昔、記者にあすの市場見通しをたずねられこたえたら、翌日の金融面に全く逆のコメントがのって、当局から朝一でヒアリング受けたわ。
かる
2013/03/16 00:08
建設国債と赤字国債ってみなさんわかります。復興財源を建設国債で賄うのは、当たり前の話ですが、なぜなら投資なので、高速道路、新幹線は全て資産になります。残念ながら、福祉予算は二次効果を除けば、消費になるので、資産になりません。
という議論がわからずに増税だと。
ちなみに大赤字の国鉄が、超優良きぎょうになったのは、莫大な資産をお持ちだったからです。ハイ
かる
2013/03/18 21:42
きたーーーて感じ。あらゆる期間も買っちゃうよん。足元しか見てなかった日銀ちゃんが、遠く見始めました。あとは何度もいうが、賃上げしろ。ここからが、経営者というノーなしどもが、人並みに活躍してくれればな。コンプライアンスとかあほな、マゾ経営やらずに自由にいかないと。規制緩和は言葉だけではなく、特に某金融規制官庁 なくしたら一番いいかも。このボトルネック官庁がガンだな。
かる
2013/04/04 23:21
まだわからん。かな、アメリカも欧州も多国籍企業の従業員だけもうけてる。あとは中東の王族と中国とソ連の特権階級だよ。
でこいつ、の手先をぐろーは
かる
2013/04/06 01:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
どーでもいいけど(独り言) 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる