厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS シャルリ・エブドとサザン

<<   作成日時 : 2015/01/19 19:07   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

年末のコンサートなどでサザンオールスターズの桑田氏がやったパフォーマンスについて一部の批判的な意見がでて桑田氏が「謝罪」するということになったようです。
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/01/18/0007668123.shtml

この話を聞いたときに、ついついフランスでイスラム過激派に襲撃されて大惨事となった出版社シャルリ・エブドの話を思い出しました。ある表現が一部の人々に対しオフェンシブないしきわめて不快と感じられた事件という点では同じだからです。日本でもサザンの事務所前で抗議活動(右翼でしょうか?)があったとも聞いていますが、さすがに日本では天皇陛下をいまだに現人神だと主張する人がいても、その人は反対する人をいまのところいきなり銃で撃ち殺しにいったりしない。イスラム過激派はそれをする、まあ大きな違いですね。

シャルリ・エブドの事件で非常に気になったのは、事件後アメリカを含む世界もこれを「表現の自由」に対する挑戦と位置付けてしまったことです。もちろん確かにそういう面があることは否定しないけれど、一部の人々に対するオフェンシブな表現に対し、反対する人が反対の声を上げること自体も表現の自由に含まれる。表現に対しては表現で、という意味ならたしかにシャルリエブド襲撃は「武力」だから武力で表現に対応したという意味では表現の自由に対する挑戦かもしれないけれど、もともと様々な批判もあるシャルリエブドの表現に対してのプロテスト自体も本来は表現の自由で保護されねばならないのではないかと思います。つまり今回の事件の本質は「表現の自由」というカテゴリーを混ぜることで却って見失われかねない、と思ったのです。

サザンの事例でも、そのパフォーマンスが一部の人に不快と思われた結果、言論による批判があり、客商売としての判断から桑田氏も謝罪した。シャルリエブドの事件のロジックだと、サザンのパフォーマンスも表現の自由の範囲として保護されるべきで、それに対し批判によって謝罪や撤回を半ば強制されるというのは「表現の自由に対する挑戦」として日本中の人が立ち上がるべき事態となってしまいます。

表現・言論の自由とは、表現や言論が言論にとどまる限りそれを戦わせるのが民主主義の基礎として重要であり、保護しなければならないということです。しかし内心(良心や思想信条)の自由と違い、表現の自由はその中で一定の制約を受けることはやむを得ない。デンマークのムハンマド風刺画事件では世間がそれを批判した。そもそもポルノなどは多くの国で規制の対象となっている。いくら表現の自由が保障されていても、それが一定の制約を受けることは一般に受け入れられている。だから、シャルリエブドの表現も、一定の批判にさらされる余地があり、場合によってはそれに対する一定の制約もあるべきだという意見も当然にあって良いわけです。そして必要な場合はポルノやヘイトスピーチのように法律で規制されることは十分ありえる。

つまり、今回の事件はそもそも気に入らない相手をいきなり撃ち殺すという「問答無用のテロ」がいけないということに尽きるのであり、やはり「テロリスト」という視点できちんと糾弾すべきであったのだろうと思います。「表現の自由」という視点でこの事件を強調してしまうと、サザンのイベントにおける表現に対する異議(抗議行動)なども当然「表現の自由」に対する攻撃ということになってしまう。表現に対する批判も表現の一つとして保護されるということでしょう。問題は暴力はいけない、ということに尽きるのです。そしてやはり本来のイスラムではないと断罪されるような行動をとる一部の集団に対して、表現の自由などを持ち出すまでもなく徹底的な糾弾と世界規模の対応を行っていくことだと思います。

今回フランスで事件が起こったことでxxの自由とかそういうものとリンクされやすい素地はあったものの、妙なレッテル付けは思わぬ波及効果を招きかねないと懸念します。

それにしても、上のリンクを読むと、この際どさくさにまぎれてサザンの「ピースとハイライト」について「集団的自衛権」推進を意図したものだという批判があったように読めるのですが、いったいあの歌詞の何処をどう解釈したらそれが出てくるのかとおもいますから、あまり全部まともに取り合わないほうがいいとは思いますよ、桑田さん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
たんなるヘイトスピーチでしょ
これは悪いヘイトスピーチ、言論弾圧賛成
これは良いヘイトスピーチ、言論弾圧反対
自分の立ち位置に都合良く考えるから、
自分にとって都合の良い解釈を見つけようする小賢しい作業が
必要になってくるんだ。馬鹿馬鹿しい話だ
それと、人権擁護法案とヘイトスピーチ法案は同じ目的の代物ですよ
 
2015/01/22 23:38
お久しぶりです
こちらのメールへメッセージをお送りさせて頂きました
うさこ
2015/02/05 01:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャルリ・エブドとサザン 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる