厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 何でも銀行が悪い?

<<   作成日時 : 2017/05/19 17:17   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

http://digital.asahi.com/articles/ASK4F7DKDK4FULFA02R.html?_requesturl=articles%2FASK4F7DKDK4FULFA02R.html&rm=443

この記事の事案って、そもそもいずれも銀行ローンに手を出す前にほかで多額の借金があってアウトになっていて、ちょっと銀行ローンが延命の手助けと借金の上乗せをしてしまったという風にしか見えないのです。
銀行ローンで人生が狂ったのではなく、その前の家庭の事情と月収20万程度の人が返済の当てもなく治療費支払のためにサラ金をつまんだことで、財政的はすでに終わっていた案件です。ところがタイトルやら記事の内容は銀行のカードローンが人生を狂わせたみたいな印象になっている。
しかも、ここであげられている破綻では自己破産とか認められているので、要するに貸した側が損の一部ないし全部をかぶるというそういう結果になっているから、むしろ債務者は最終的に何らかの救済を受けたケースです。

もちろんこういうことで苦しむ人を減らすために社会的セーフネットをどうするか(破産もその一つではあります)の問題は別として、タイトルにしても記事本文にしても記者さんないし新聞社の銀行に対する若干の悪意が感じられ、あまり印象は良くないですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何でも銀行が悪い? 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる