厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS カジノを巡る議論

<<   作成日時 : 2018/02/23 08:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

ワタクシは日本にはカジノは不要だと思っています。それは二つ理由があって、すでに日本には立派なパチンコという庶民的な賭博が実質的に合法化されており、それが依存症や借金といった問題を生んでおり、その上でカジノはさらに問題を生むかもしれないという点、もう一つは、カジノを含めたIRが目的とする外国人ビジター誘致はすでにカジノなしで十分目的を達しているので、今更カジノを新たに作る必要がない、ということ。付け加えるならば、ワタクシ自身にとって海外に行ってもカジノは目的ではない。まともな大人なら、多少その近くにあれば遊んでみることはあっても、それの有無でその国への渡航を決めるとか絶対にありえないと思います。ところが、上記のような問題点を積極的に認識しながら、いまだにカジノをまじめに作って実施しようとしている人たちがいる事、それがまだ国の施策として存在し続けていることに失望しています。それがさらに日本人の利用に回数制限を設けて依存症を防ごうとしているなど、一体何という無益で見苦しい議論をしているのかと思います。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000019-jij-pol
更には入場料をいくらにするとか議論されてますけれど、本気で依存症対策するなら、パチンコを換金できなくするとかそれこそパチンコ屋に入場料を課するとか、もっと簡単なかついま必要とされている手段があるはずです。

現在カジノはありませんが、外国人の訪日客数は急激に伸びています。一時的なのかもしれませんが、実際に来られるアジアの方々の関心を見ても、真っ当な日本の魅力が評価されている結果なのだと思っていますし、非常に理想的な形で増えているということです。
https://www.tourism.jp/tourism-database/stats/inbound/

これまでの過程で、IRカジノ法案についてはパブコメなど出ていますし、それに対しての事務局回答なども見てみましたが、どうも納得感がないというか、時折、答えに窮するようなコメントには正面から答えていないというか、やっぱり結論ありきで走っている感が非常にします。
(様々な議論をまとめたHPとして
http://casino-ir-japan.com/?cat=229

そもそも外国人誘致に必要ないのだから、さっさと筋の悪いカジノを作るという考えは撤回すればいいものを、作るという大前提で自治体も含めてわさわさと有象無象がうごめいてしまっているから、撤回ではなくこのような筋の悪い議論になる。官僚的な議論というか決まったんだから(あるいはトップが決めたから)一切の状況の変化を無視して結論ありきで突き進む。こんな会社があったら潰れます。実際日本国株式会社はそれの繰り返しでつぶれかかっているわけです。

重ねて言いますが、テンミリオン計画などの初期ならともかく、今はそうした所期の目標を大きく上回る形で外国人はもう日本の魅力を感じ取って来てくれています。また依存症が心配なら、まずパチンコの実質的な現金交換システムを非合法化したらいいでしょうし金をとるなりそれこそ入り口で個人情報カードをかざす仕組みにしたりして入りづらくすればいいでしょう。必要性とか依存症を持つ人を視点とした実効性ある対応とか、そういう本質に迫る議論が出来ない愚かな人たちが政治をつかさどっていることに対し、非常に暗澹たる気持ちになります。しかもIR議員連盟ってこんなにメンバーがいる。この超党派連盟はカジノ合法化に加えてパチンコ換金合法化を主張しているようです。この人たちが同じ口で「依存症が心配だ」とか言っているわけですけれどね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%A6%B3%E5%85%89%E7%94%A3%E6%A5%AD%E6%8C%AF%E8%88%88%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F
つまり国政をつかさどる人たちの発想の貧困さや柔軟性のなさ、あるいは非論理性の象徴がこの事案という気がするわけで、こういう人たちが法律を作り、国の行く末を決めているということに対する危機感をもっと持つ必要があるでしょう。

(追記)
さいきんまたこういう記事を見つけました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000016-jij-pol

カジノってやっぱり役人さんが楽して老後を送るための装置として考えられているということが、最後のパラグラフからも良くわかります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カジノを巡る議論 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる