陰謀論

ここに書くことは単なる妄想ですので、まともに取り合わないでください。単なる夢で見たことの備忘です。 ・・・・・・・ 今回のコロナウイルス騒ぎが、本気で某大国が欧米に向けてはなったテロだとしたら、結構よくできてるなと思います。もちろん、大都市の研究所でそんな危ないウイルスなどわざわざ開発する必要ないではないか、というか…
コメント:0

続きを読むread more

米国の状況を憂う

正直、すごく悲しいです。ワタクシにとってはわずか数年しかいなかった場所であり、NYの割と豊かな地域に住んでいたというだけですので、アメリカを語るには全く不十分な経験しかないのですが、それでも、同時多発テロの後のアメリカはみんなが一つにまとまり、協力し合い、親切で、希望に満ちていた。同時多発テロそのものにも諸説はあるとはいえ、ともあれ、ア…
コメント:0

続きを読むread more

COLONA債あるいはCovid債

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58939560R10C20A5MM8000/?n_cid=NMAIL007_20200511_Y ちょっとマーケットで話題になったようです。三菱UFJFGが発行するこの債券は、今回のコロナ事象において資金調達に苦しむ中小企業などへの貸し出しにその調達資…
コメント:0

続きを読むread more

政府に望むもの

いよいよ大型連休が後半となり、4日には政府から新たな方針が出る。おそらく1カ月程度の一定期間の「緊急事態宣言」延長と、それに伴う経済活動自粛の一定の見直し等となるだろう。 これまでの政府の活動をみる限り、結果としては比較的うまくやっていると思います。アジア全般に言えることなので日本政府のせいかと言えるかどうかは分からないで…
コメント:0

続きを読むread more

「コロナ時代の仕事論」

5月1日付日経新聞のコラムのタイトルです。一橋大学の楠木健教授が書いておられます。比較的短いコラムですが、久しぶりに首がもげるほどうなずいてしまいました。 副題は「他人と自分を比べない」。本当にこれ、大事だと思うんですよね。 詳しくは実際の新聞記事にあたっていただくとして、教授が指摘している現代的現象は「大人の幼児化」。…
コメント:1

続きを読むread more

外出自粛で見えてきたもの

ちょっと前、「翔んで埼玉」という映画を見ました。 ご存じの人も多いと思いますが、埼玉県(+千葉県)をからかうパロディ映画ですが、なかなかおもしろかったです。あくまで東京都から見た埼玉県にたいするからかいというか差別というか、そういうものを面白おかしく表現していました。 その中で、関所をもうけたり、埼玉県人がこっそり東京に来ていた…
コメント:0

続きを読むread more

小説:フレアウィルス

20xx年、高齢化社会は来るところまで来た。日本では65歳以上の人口に占める割合は50%を超え、少子化もとどまるところはなかった。米国ですら、すでに人口はかなり前にピークアウトし、高齢化が進行していた。高齢者に対する医療の問題は世界的に共通の悩みであり、保険制度がある日本などは制度破綻の危機に瀕していた。米国でもメディケア制度が国家財政…
コメント:1

続きを読むread more

独り言

ほんま、いらんことすな、っちゅうこってすわ。FRBがのっけから臨時で政策金利100BP引き下げてゼロ金利政策っちゅうことやけど、まあ、あんたら、ほんまになーんもわかってへん。 なにがあかんかったか、おせぇたるからよおー聞いときや。一個目はな、このタイミングでこの流れで利下げしたっちゅうことは、あんたらトランプはんに脅されたんや…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウィルス禍と市場

すでに金融証券市場にも多大な影響が出ているが、今回のCOVID-19は非常に厄介なもので、金融証券市場はそれを割と冷静に判断していると思える。パニックではなく冷静に判断した結果として、これまで我々がほぼ経験したことのないようなかなり厳しい状況をきちんと見据えて投げ売りをしているというところが厄介なのだと思う。株式市場の下落の速度…
コメント:0

続きを読むread more

サステナビリティボンドなど(債券におけるESG投資)

最近はSDGs債やグリーンボンドなど、債券分野におけるESG的なものへのアプローチが目覚ましい。これはひとえにビジネス的な背景が大きいのではないかと推測する。特に日本の投資家の場合、金融機関や保険会社を中心に債券への需要が高い。しかし最近の世界的低金利市場では十分なリターンを生む投資適格債券を新たに組み込むことが困難となりつつある。…
コメント:0

続きを読むread more

ESGに対する誤解と曲解

さきほど、ツイッターで次のような発言をみました。 「ビル・ゲイツは、アル・ゴアを支援して気候変動問題を世界的に広めた大スポンサー(アゴラのスポンサーでもある)。彼は一貫して「温暖化を防ぐには再エネと原発が必要だ」と言っている。ESG界隈がなぜ原発を否定するのかわからないが、たぶん頭が悪いからだろう。」 どなたとは言いませんが、こ…
コメント:0

続きを読むread more

かんぽ不正営業問題のNHK報道にみる問題点

郵政の副社長(元総務省事務次官)がやたら強気で、事件を報道したNHKに対して恫喝まがいのことをやっていた(立場が異なれば違う言い方になるかもしれませんが、ワタクシにはそう見えました)というのも、背後にこういう事情があったのですね。まあなんとなくわかっていたけれど。現職の事務次官と先輩の天下り元事務次官がツーカーですから、そりゃ強気にもな…
コメント:2

続きを読むread more

GPIFの貸株中止の含意

先日、これに関して結構微妙だなと書きましたが、結論としてはGPIFという主体の持つ意味からして正当化される可能性があると書きました。 最近のFTに載ったインタビュー記事では、水野CIOの考えがさらに明確になっています。 https://www.ft.com/content/e71a387a-1c5c-11ea-97df-cc…
コメント:0

続きを読むread more

反社会的勢力の定義は困難?

反社会的勢力の定義は定義するのは困難なのだそうだ。 えー?と思ったのだけれど、政府の公式見解のようだ。 https://mainichi.jp/articles/20191210/k00/00m/010/110000c 桜を見る会を追及する流れから、とうとうこのような見解まで政府から出てしまった。ふーん。 金融機関の立場とし…
コメント:2

続きを読むread more

GPIFの貸株中止

ちょっとマニアックな話ではありますが、GPIFの貸株中止の決定が議論を呼んでいます。 理由としては「スチュワードシップ原則に抵触する恐れがあるため」ということのようです。 ワタクシとしての印象は、かなり微妙です。 貸株というのは、機関投資家などが保有している株式をブローカーなどを経由して借りたい人に貸し出してフィーを受け取ると…
コメント:0

続きを読むread more

某巨大公的年金基金の特にガバナンスについて

https://toyokeizai.net/articles/-/315284?display=b いやー、ちょっとびっくりですね。先日どこぞの雑誌だか新聞だかに当該理事長の処分の話が出てて、まあ新聞が報道しているのだからそういうことなんだろうな、とか漠然と見てましたが、上記の記事によれば事実は逆。部外者であるワタクシには、…
コメント:0

続きを読むread more

桜を見る会の問題と政局

桜を見る会が炎上しており、来年度は中止に追い込まれています。ワタクシなりの結論は、法律に違反したかどうかはグレーに近い白だけれど、実質的にはそれよりも悪質、ということです。もちろん主語は安倍首相です。色々な意見があります。この程度のこと、とか前からやってきたのに今更問題にするのはおかしいとか、いろいろ野党の対応も批判されていますが、ワタ…
コメント:0

続きを読むread more

大人がどんどん馬鹿になる

最近の事例を見ていると、本当にそう思う。 最大の事例は東京オリンピックのマラソン、競歩会場変更だろう。 7月の東京で屋外競技が厳しいことは立候補当時から言われていたし、ワタクシもそのことが東京オリンピックに賛同できない理由の一つだった。要するに「わかりきったこと」を無視して、なんだか分からないが組織委員会の年寄りとか都知事とかオ…
コメント:2

続きを読むread more

冷静さの必要な時代

我々は一体なにを知っているのだろうか?きちんと勉強や研究をする人はあらゆる可能なソースに当たり、自分なりの仮説を持ちそれを様々なエビデンスによって検証するだろう。そして、まじめにやればやるほど、明言するかどうかは別にして「自分の知る限りにおいては」という留保付きで意見を持ちそれを表明するだろう。 しかし今は自分も含めて多くの人は、…
コメント:3

続きを読むread more